知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

【筋膜リリース】肩こりが楽になる方法!筋膜はがしで肩こり対策!竹井仁筋膜ほぐしストレッチのやり方

更新日:

肩にコリを感じた時、対策として肩の筋肉をもみほぐしたり、叩いたりしますが、それは一時的にしか痛みやコリを解消してくれません。

時間が経てばまた、コリや痛みに襲われます。根本的な解決にはならないんですね。

肩こりの原因となるのは、筋膜のよじれが原因だと、首都大学教授で理学療法士・医学博士の竹井仁(たけいひとし)先生はおっしゃっています。
つまり筋膜のよじれが解消できれば肩こりが楽になるというわけです。筋膜リリースの方法を知ることで肩こりの悩みが解決できます。

今回は、肩こりを根本から解決する対策としてテレビなどで話題になっている、竹井仁式の筋膜リリースストレッチの効果ややり方を紹介します。



スポンサーリンク


筋膜とは?

筋膜って何?って人のために説明します。

筋肉を包み、正しい位置に固定する伸縮性のある薄い膜のことを筋膜といいます。ざっくりいうと、筋肉を束ねている膜です。

鶏肉などを裁いた時に、皮と肉の間にある薄い膜を見たことありませんか?あの薄い膜が筋膜です。

肩こりの8割は、筋膜のよじれが原因だといわれています。



スポンサーリンク


2月くらいに筋膜のよじれがピークになる

冬になると寒くなりますよね。11月ぐらいから寒さが始まります。そうすると寒さで体が縮こまってしまいます。寒くなれば、洋服も厚着しますよね。それらも筋肉に負担をかけてしまいます。

そうすると、だいたい2月くらいに、筋肉への負担が影響して、筋膜のよじれがピークになってしまいます。それが原因で2月になると肩こりになる人が多くなると言われているんだとか。



スポンサーリンク


筋肉をほぐすだけでは根本的な解決にならない?

肩こりを治すために、筋肉をもんだりほぐしたりしても、一時的な解決にしかなりません。

肩こりを治すために、整体やストレッチや針治療を行っている人もいると思いますが、筋肉をもみほぐしても根本的な解決にはならないようです。

一時的に痛みが消えても、結局また痛みがぶり返してしまうんですね。



スポンサーリンク


竹井仁ストレッチのやり方

平泳ぎほぐし

ざっくりいうと、

①肩甲骨を前に伸ばす
②肩甲骨を後ろに引く
③肩甲骨を上に引き起こす

という流れの体操になります。

①肩甲骨を前に伸ばす

→両腕を肩の高さと同じ位置まであげます
→両腕を前に伸ばす
→この時に背中が曲がり過ぎないように
(肩甲骨が背中から離れるイメージで)
20秒間同じ状態をキープします

②肩甲骨を後ろに引く

→胸を張るような感じで後ろに肘を引いていきます
20秒間同じ状態をキープします


③肩甲骨を上に引き起こす

→肘を肩よりも少し前に戻します
→肩甲骨を起こすイメージで手をあげます
(この時に腰がそらないようにお腹に力をいれます)
20秒間同じ状態をキープします

この3つの動きを20秒間ずつやって、1分間1セットとなります。
※1日3セットが目安で、朝昼晩わけてやっても大丈夫です。

シェーほぐし

①肩甲骨を反時計回りに回す

右手は頭の後ろ、左手は背中の後ろにして肩甲骨を反時計回りに回すイメージで動かします
20秒間同じ状態をキープします
同じ動作を左右で行います


筋膜を「ジワー」っとはがすようなイメージをしながらやるのがポイント

②足をクロスして体を倒す

その後、右足を左足の前にクロスして、体を左に倒します
20秒間同じ状態をキープします
同じ動作を左右で行います



これをやることで、腰に圧迫を感じる人もいますし、肩甲骨に圧迫を感じる人もいます。

自分が「ここは引っかかるな」と思うところで止めて筋膜をはがします。でも無理をしてはいけません。痛い場合は無理してやらないようにしましょう。

③鼻を肩に近づける

鼻を左の肩に近づけるようにします。

20秒間同じ状態をキープします
同じ動作を左右で行います

この時に肘が前に戻らないようにするのがポイントです

こちらの筋膜はがしストレッチも左右で1日3セットが目安です

なんちゃってバレリーナほぐし

右足を一歩前に出します
右手を顔の前に出します
左手を後ろに下に伸ばします

右手を上にあげていきます
左ては下に下げていきます

これを30秒行います

この後、上体だけを左にねじります
(この時、膝は左にねじらないでまっすぐ前に固定します)

これを30秒行います

これも左右同じストレッチでほぐします
1日3セットが目安となります

肩こりを解消 自分で出来る筋膜リリース 竹井仁先生
1年前のものですが

肩こりを解消 自分で出来る筋膜リリース 竹井仁先生

金スマ-肩こり解消法(筋膜リリース)

金スマ-肩こり解消法(筋膜リリース)

金スマ 2017年2月10日 170210 梅沢富美男の波瀾万丈

金スマ 2017年2月10日 170210   梅沢富美男の波瀾万丈

まとめ

肩コリや肩甲骨のコリの原因は、筋膜がよじれることによって起きています。それを改善するために、ストレッチをして筋膜のよじれを解消してあげましょう。

しかし、無理は禁物です。痛いと感じた場合は無理しないように注意しましょう。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.