知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

足の冷えやしびれ対策に酢ショウガ湯がおススメ!作り方や効果は?

投稿日:

足の冷えやしびれの原因はいろいろありますが、その中でも代表的なのが血流不足です。

血流不足を解消する方法も様々で、今回おススメするのが「酢ショウガ湯」を使った方法です。

足の冷えやしびれの原因は血流不足

足腰の痛み
足の冷えやしびれ

これらの原因は血流不足が挙げられます。

血流が不足してしまうと、真剣に十分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます。そうすると、老廃物がたまってしまい、神経の痛みに繋がります。

それが足の裏の違和感が起こったりする原因にもなるといわれています。

また、血液は体中に熱を運ぶ働きも担っています。酸素や栄養を運ぶだけではないんですね。

ですので、血管が圧迫されてしまい、血液が十分に行き届かない部位は、冷えてしまって冷たくなりやすいわけです。

特に冬になると、気温が低くなり血管が収縮してしまうため、慢性的に血流不足になりやすいといえます。

さらに、寒さのせいで筋肉こわばって、周辺の血管が圧迫されることで、血流不足が悪化します。

足の冷えやしびれ、足の裏の違和感を引き起こしてしまう血流不足を解消する方法は、運動することで体を動かし、血流をアップさせることも重要です。

マッサージで血流をアップさせることも効果的です。



スポンサーリンク


酢ショウガ湯とは?

運動やマッサージで血流をアップさせる他にも効果的なのが、食事や飲み物で血流をアップさせる方法です。

食事や飲み物で血流をアップさせることで、血流が促進されて、神経の新陳代謝を活性化することができます。

体の内側から温めることができれば、筋肉のこわばりも改善が期待できます。

そこで話題になっているなのが「酢ショウガ湯」です。

酢もショウガも、昔から体を温める作用があるとして古くから知られてきた代表的な食べ物です。



スポンサーリンク


酢ショウガ湯の作り方

清水整形外科クリニックの清水伸一院長がおススメする「酢ショウガ湯」は、作り方もとっても簡単です。

酢ショウガ湯の作り方

すりおろした生姜を使った酢ショウガ小さじ1杯をコップ1杯のお湯に解くだけ
好みでハチミツを追加すると飲みやすくなる

すりおろした生姜はチューブの商品もありますが、あのチューブのショウガの味は正直好きではありません。
私はショウガを細かくすりおろして、酢と混ぜて使っています。

すりおろした酢ショウガを用意しておけば、好きな時間に手軽に酢ショウガ湯を作ることができます。

血流不足を防ぐこともできますし、鎮痛効果も期待できるのでおススメです。



スポンサーリンク


酢ショウガ湯の効果

生姜に含まれる成分であるジンゲロールには、脂肪の燃焼を促進させて体温をアップさせる作用があります。

更に、血管拡張作用も期待できます。また生姜には鎮痛薬と同じくらいの鎮痛効果もあると某大学の研究実験で実証されているとのこと。

酢に含まれるアミノ酸も、クエン酸も体温をアップさせるのに効果があるといわれています。

さらに、酢に含まれるアミノ酸(アルギニン、アラニン、リジン、プロリン)は、脂肪の燃焼促進させて、体温アップに貢献してくれる成分ともいわれています。

クエン酸は、体内エネルギーを作り出す時に働くクエン酸回路を活性化させ、体温を上げてくれます。

実際に私も「酢ショウガ湯」を飲んでいますが、冬なのに体がポカポカして冷えの症状で苦しむことがなくなりました。



スポンサーリンク


注意点

「酢ショウガ湯」を飲む時に注意したい事は、酢を薄めて飲むことです。空腹時に、濃い濃度の酢を飲むと、胃が荒れてしまう心配があります。

胃が弱い人や、空腹時には、酢を5倍以上に薄めて飲むようにして下さい。

まとめ

「酢ショウガ湯」を飲むことで、血流不足が原因で起こる足の冷えやしびれの解消が期待できます。

運動やマッサージなどでできる血流アップ方法と併せて「酢ショウガ湯」を飲んで血流促進を取り組まれてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.