知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

芸能

マギー不倫報道と清水富美加不倫報道の違い

投稿日:

清水富美加さんの出家騒動、不倫騒動が話題になっています。清水さんと同じ芸能事務所であるレプロに所属していたマギーさんは、2017年1月に不倫騒動がありましたが、そのことに関して、テレビ番組では一切取り上げられていません。

同じ不倫報道なのに差がありすぎると感じませんか?

芸能番組はマギー不倫報道には触れない

2016年のベッキー不倫騒動のことは誰もが口にするのに、2017年のマギー不倫報道は誰も口にしません。今までこのことに関連した発言をしたのは、ダウンタウンの松本人志さんだけです。

「(自分の)こんなカビの生えたような8年前の話をするくらいなら、マギーの話を(した方がいいんじゃないの)」

引用:http://siritaina.net/660



スポンサーリンク


軽くいじるなんてこともしません。マギーのマの字もでないです。レプロが徹底して報道規制しているからなのでしょうか?

マギーさんの不倫相手と報道されたハイスタンダードも、この騒動に関しては何もいっていません。謝罪なんてしていません。活動を休止しているなんてこともないようです。

マギーさんも通常営業でバリバリ仕事をこなしています。ドランクドラゴンの塚地さんと同居する恋愛番組にも出たりしていました。

しかし、ベッキー不倫騒動の時とはえらい違いですよね。ベッキー不倫騒動の時は、いろんな芸能人が謝罪しろなんていってましたが、マギー不倫報道には完全ノータッチです。

坂上忍【腹が立つ!】ベッキー不倫騒動の川谷絵音に活!
ベッキーと人気音楽グループ「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音の不倫騒動に坂上忍が「腹が立つ!」と活を入れています。 ベッキーはCMも契約切られて、芸能活動にも支障が出ていますが、川谷絵音はベッキーに比べると影響少ないですよね。 おススメ動画 【放送事故】坂上忍の発言にピー音間に合わず。ダウンタウンなう2015.8月放送

坂上忍【腹が立つ!】ベッキー不倫騒動の川谷絵音に活!

 

そもそもマスコミが煽らなければ、活動休止なんてしなくても良いのでは?と思ってしまうほどです。



スポンサーリンク


清水富美加不倫報道は容赦なく放送

清水富美加さんの不倫報道は容赦なく放送されていますね。清水富美加さんはレプロを辞めて幸福の科学に出家してしまうので、報道規制がかかってないからなんでしょうか?

清水富美加さんの不倫騒動の相手の飯田さんも謝罪したくらいですから。

この度、KANA-BOON 飯田祐馬の不倫報道で、皆様にご迷惑、ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

また、この件に関しまして、飯田祐馬の謝罪文がございますので併せてお伝え致します。

-----------------------------------------------

一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、

既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました。

私は2014年4月に一般人女性と入籍致しました。しかし、私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました。

2015年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました。

このことで、清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。

また、清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております。

私の軽率な行動で、清水さん、関係者のみなさまにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございません。

また、いつも応援してくださっているファンの皆様を悲しませてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

2017年2月21日

KANA-BOON 飯田祐馬

引用:http://www.kanaboon.com



スポンサーリンク



<清水富美加不倫騒動の流れ>

2014年4月 カナブーンの飯田一般人女性と入籍
2015年6月 既婚であることを隠し清水富美加と不倫交際スタート
2015年9月 清水富美加に既婚の事実を打ち明け謝罪。妻との離婚をほのめかしつつ不倫交際続行
2016年1月 破局

 

清水富美加さんの不倫報道はスポニチにすっぱ抜かれて話題になったようです。清水富美加さん本人も暴露本でこのネタにこのように触れています。

「悩みの種だった好きな人も忘れました」

2016年1月破局した時点で、マスコミ関係者はこの不倫関係を知っていたんですが、

  • 不倫関係が破局して終わっていた
  • KANA-BOON(カナブーン)のネームバリューがなかった

という理由で、あえて記事にしなかったようです。

しかし清水富美加さんがいきなりの出家宣言。そして2月17日に本を発売。それが話題になったことでマスコミが取り上げ、交際相手探しがはじまり騒動に火が付いたわけです。

「清水富美加、元交際相手は人気ロックバンドのA“ゲス”に苦悩」といった感じで取り上げられ、やばいと思った飯田さんは自白してしまったわけです。

ベッキー不倫報道で、問題になった川谷さんのようになることを避けたかったからかもしれませんね。川谷さんのバンド「ゲスの極み乙女。」は活動休止になりました。復帰のめどもありません。

KANA-BOONが同じように活動休止にならないように、早めに謝罪したのかもしれません。謝罪すれば、もうマスコミに書かれることもなくなりますしね。

KANA-BOONが今後バンド活動をどのようにしていくのかは、発表されていません。



スポンサーリンク


最後に

マギー不倫報道はテレビでは取り上げられませんが、清水富美加不倫騒動はいろんなテレビ番組で報道されました。

これは芸能界で強い影響力を持つレプロという事務所が報道を規制しているからだと思うのは私だけではないと思いますが、いかがでしょうか?

同じ不倫報道なのに、これだけの差があるということに、不公平さや気持ち悪さを感じてしまいます。



スポンサーリンク


-芸能

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.