知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

肌のシミやシワはAGEが原因?簡単にできるAGE対策

更新日:

誰だって歳を重ねるにつれて肌のシワやたるみが気になってしまうものですよね。
ちょうど30歳を過ぎたあたりから、肌のたるみを感じてしまう人は少なくないと思います。
シワやたるみだけでなく、シミやくすみなど気にしだしたらキリがありません。

ビビットで特集していて語られていたのが、肌のシミやシワはAGEが原因になっているというものでした。
AGEとは何なのか?
肉が好きなのでたくさん食べたいけど、老化を早めてしまうなら我慢しないといけないの?
などと疑問になっていることを書きました。

AGEとはなんなのか?

「AGE」とはエージーイーと読み、英語では(Advanced Glycation End Productsと書きます。難しい言葉でいうと終末糖化産物と呼ぶようです。
タンパク質と糖が加熱されると発生する物質です。AGEは細胞が老けてしまうのを進めてしまう原因といわれている物質の中のひとつです。

内臓などの器官に影響を与え、多くの病気の原因となるといわれてるものですので、食事をする時はAGEのことを意識して下さい。少し意識するだけでAGEを少なくすることは簡単にできます。

AGEが多くなるとどうなる?

このAGEが体の中で多くなってしまうといったいどの様なことが起こってしまうのでしょうか。

見た目の老化を招いてしまう

AGEの影響を受けてしまうと、肌や髪の毛が年齢よりも老けて見えるようになってしまうといわれています。

死に繋がる病気

動脈硬化や心筋梗塞

糖化は血管や内臓に影響を与えます。血管の中が糖化のせいで弱くなってしまうと、血管の内部で炎症が起こりやすくなってしまい、動脈硬化になる危険性が高まってしまいます。
それが心筋梗塞や脳梗塞などに繋がってしまう心配もあります。

更にいうと、AGEは下記の病気の原因にもなっていると言われています。

●腎臓機能の低下
●骨粗しょう症
●アルツハイマー病
アルツハイマー病の患者の脳には約3倍のAGEが蓄積されていたという報告もあった話もありますので軽んじてはいけないです。AGEは恐ろしい。
●ドライアイなどの目の病気
ドライアイや白内障や網膜症なども糖化が原因になっているとのことです。

ビビットでAGEのことをお話してくれた山岸先生は、およそ20年にわたって
AGEを研究している人です。AGE研究の第一者なんですね。

人間の体はいろんなタンパク質でできています。
そして、糖は体にとって大事なエネルギー源となっています。
実はこの2つは結びついてしまうと、良くないことが起きてしまいます。人間の老化を促進するとんでもない物質ができてしまうんですね。そのとんでもない物質がAGEなんです。

もし仮に、蒸し鶏のAGEを1とすると、焼き鳥はAGEが5倍になります。
そして唐揚げのAGEは10倍になるといわれています。
つまりこんがりとしたキツネ色がつけばつくほどAGEは多くなるということなんです。



スポンサーリンク


体内に溜まっていくAGE

老化物質AGEは排出されにくく、体内に蓄積されていくんです。これはタチが悪いですよね。
ですので、AGEは体内で発生させないようにしなければなりません。そして、できることなら体の中に取り入れないようにしなければいけないのです。

どうするとAGEが発生するのか?

私たちは普段ご飯を食ます。糖は大事な栄養源ですよね。
しかし、糖を摂り過ぎてしまうと体内で糖があふれてきてしまいます。
その糖と細胞を作っているタンパク質がくっついて体の中でAGEが発生してしまうんです。

さらにもうひとつAGEが発生するパターンがあります。

もう一つのパターンはすでにAGEとして存在しているものを食てしまうことですね。
厳密に言うとAGEを含むものを食べても問題ないのですが、注意しなければいけないのはAGEを含むものを食すぎないということです。

ですので、できるだけAGEが増え過ぎないように調理を工夫する必要があります。

高温調理でAGEは増加

AGEは生調理であるほど少なく、高温で調理するほど増えていってしまいます。

簡単に表すと下記のような感じになります。

生  (一番AGEが少ない)
蒸す ゆでる
煮る
炒める
焼く
揚げる (一番AGEが多い状態)

生が一番一番AGEが少ない状態で、揚げる調理が一番AGEが多い状態になり、その間の調理は下の方に行くほどAGEの量が多くなるといわれています。

さらにそこに油が加わることでAGEが増えてしまいます。
といっても、唐揚げやトンカツなどを我慢し続けるのは大変なことです。



スポンサーリンク


AGE対策方法

AGEはしっかりした対策をすることで量を少なくすることが可能です。

50℃洗い

食材はあらかじめ50度のお湯で軽く洗います。
そうすることで食材の表面についた劣化や参加した油がとれます。
50℃洗いしてから調理するとAGEが体に入ってくるのを抑えることができます。

具体的な方法

50℃のお湯の中に鶏肉を入れ、適度に裏返しながら余分な脂が浮いてくるまでだいたい2分くらい洗う。
洗った後は、キッチンペーパーなどでしっかり水気を拭き取る。

肉を50℃洗いすると嫌な臭みが取れて食べた時もすごくおいしくなります。
お肉が高級なお肉に変わってしまったように感じてしまいます。

そして老化も防げるなんて一石二鳥です。

50℃洗いをした後は普通のから揚げと同じように揚げるだけ。とっても簡単です。
これでAGEを少なくすることができるといわれています。
とんかつも同じように50℃洗いをすることでAGEを減らせるのだそうです。

べジブロス

お財布にもやさしいAGEとっておき対策がべジブロスです。

AGEは体に蓄積されるとほとんど排出されなくなります。

だから体内での蓄積を抑えることが重要な要素になります。

べジブロスとは野菜だしのこと。
野菜だしと聞くといちいち用意するのが面倒だと思う人もいるでしょう。

しかし、べジブロスは野菜の皮だとかヘタだとかどんな野菜でもいいのです。

例えば、たまねぎの表面の茶色の皮だっていいんです。

普段捨ててしまうような部分である野菜の皮やヘタや種などを材料にします。

べジブロスとは、簡単にいうと、普段生ごみにしてしまっているような部分である野菜の切れ端でとった野菜だしということですね。

実は野菜の皮や種などにはAGEを抑制する効果があるファイトケミカルがたくさん含まれているんです。

べジブロスとして煮ることで、ファイトケミカルを効率よく摂取できるというわけなんです。

べジブロスの作り方

作り方はいたってシンプルです。
①1.3リットルの水に両手1杯分の野菜の切れ端とお酒少々入れる
②弱火でおよそ20分コトコト煮ます
③最後にざるで越せばべジブロス完成です
冷蔵保存して3日程度で使いきるのが目安です。

●べジブロスごはん
これを使ってごはんを炊けば野菜の味がしみ込んだ優しい味わいに

●煮物
べジブロスを煮物などに使えば、野菜本来の味を引き立ててくれます。AGE対策にも効果的だといいます。

べジブロスはいままで捨ててた野菜の部分を使うのでお金もかからず家計に優しいAGE対策です。
べジブロスで簡単に野菜の有効成分を抽出してアンチエイジング対策ができるんですね。

ブロッコリースプラウト

他のAGE対策として良い食材は、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトです。
これは生の状態で食べるのがおススメなんです。
ブロッコリースプラウとには、AGE化するのを抑える成分であるスルフォラファンが豊富に含まれているんです。

シャキシャキの歯ごたえと爽やかな風味を楽しむことで健康にもいいなんて素敵。

触感がよくてカイワレ大根に似ていると感じる人もいるんじゃないでしょうか。

噛めば噛むほどスルフォラファンがいっぱいでてくるので、遠慮なく噛んで噛んで噛みまくって下さい。

具体的な食べ方

ブロッコリースプラウトの具体的な食べ方は以下のようになってます。

●サラダ
●生春巻きの具
●豆腐の上にかけて食べる
●納豆と混ぜて食べる
●野菜ジュース
●スムージー

香りや風味にちょっと癖があると感じる人は、加熱料理で食べてもよいです。
なべ物や炒め物に入れて食べるのもおススメです。
その時は、汁ごと残さずに食べるようにして下さい。なぜならスルフォラファンは水分と一緒に流れてしまうからです。

食べる量はどのくらい?

一回につきひとにぎり、もしくは半パックでOK
です。
たくさん食べたい人はたくさん食べてもぜんぜん問題なしですので。

ちなみにスルファラファンは、食べると3日くらい効果があるといわれているので、3日に1回ひとつかみのペースで食べるとAGE対策に効果的だといわれています。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.