知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

パクチストとは?パクチーの効果と副作用

更新日:

パクチストとは?

「パクチーがないと生きていけない」
「世界で一番好きな食べ物はパクチー」

パクチー専門店は2016年になり増加しています。パクチーの需要は拡大し続けています。

池袋のベトナム料理屋のアジアンタオのマネージャーいわく、2014年と比べてパクチーの消費量が5倍以上になっているそうです。

パクチストとはパクチーをこよなく愛する人のことをいいます。

パクチストの中には自宅でパクチーを自家栽培している人もいます。近所のスーパーでは手に入らないから自分で栽培しはじめるほどのパクチー好きな人もいるようです。

外で食べるものと違って自家栽培したパクチーは味や香りが最高に良いんだとか。

ちなみに外食でパクチーを食べることを「外パク」、自宅でパクチーを食べることを「うちパク」といいます。

パクチーは何にでもあうので、ペースト状にしてトーストに塗ったり、パクチーパスタ、パクチー水餃子など様々なジャンルの食べ物と一緒に味わうことができます。



スポンサーリンク


パクチーとは?カメムシソウとは?

パクチーという言葉はもともとタイ語です。英語ではコリアンダーと呼ばれていますね。パクチーとコリアンダーって別のものだと思っていたんですけど、一緒のものなんです。

ちなみに中国語ではシャンツァイと呼ばれています。漢字表記だと香菜です。けっこう独特なニオイを放っているからこんな漢字が当てられたんでしょうか笑

パクチーの和名はカメムシソウといわれてたなんて説もあります。なんでもパクチーのニオイ成分とカメムシのそれとが似てるからなんだとか。

絶対にパクチーが嫌いな人がイメージダウンのために名付けた感じもしないでもないですが…。

いくら匂いが独特だといってもカメムシと結びつけなくてもいいじゃんって思います笑

カメムシのことを想像するとパクチーもまずく感じてしまいますからね。やっぱりパクチーという名前だからパクチストも徐々に増えつつあるんでしょうね。



スポンサーリンク


パクチーの効果

パクチーの効果といえば、なんといってもアンチエイジング効果でしょう。パクチーは体の中の活性酸素の増加を抑える働きが期待できます。

消化を助ける

パクチーは消化作用を助けてくれる働きがあります。更には食欲を増進させてくれる効果も期待できるといわれています。
食べ過ぎたり油ものを摂り過ぎた時は、パクチーを食べることで消化を助けることができます。

デトックス効果

デトックスとは簡単にいうと体の中にある毒を外に出してくれる働きのことをいいます。毒だしですね。

人間は普通に生活していても、水銀や鉛などの様々な重金属を体に蓄積させています。微量の重金属が徐々に体に溜まっているわけです。

体の中に重金属が蓄積されると、血の循環に悪影響を及ぼします。それが原因となって目の下にクマができたり、吹き出物ができてしまったりするわけです。重金属の蓄積が肌トラブルの原因になってしまうというわけですね。

他にも体がだるくて疲れがなかなか取れなかったり、アレルギーの症状が出てしまったりする原因は、体の中に重金属が溜まっていることで起きていることもあるといわれています。

パクチーを食べることで、重金属の蓄積を抑えたり、体の外に出してくれる効果が期待できるといわれています。

アンチエイジング効果

パクチーを食べることはアンチエイジングにも繋がります。アンチエイジングとは歳を重ねるにつれて起こってくる体の衰えを最小限にとどめること。つまりいつまでも若々しい体を維持すること。

アンチエイジングのために重要なことは活性酸素の発生を抑えることです。活性酸素は、呼吸によって体内に入った酸素の2%が活性酸素になるといわれています。

つまり普通の生活をしていても活性酸素は溜まっていってしまうわけです。活性酸素が体の中にたくさんありすぎると、血管や健康な細胞まで傷つけてしまい、それが老化や様々な病気に繋がります。

ちなみに紫外線を浴びすぎることで皮膚がんになってしまうのも、活性酸素の働きが影響しているからなんです。強い日差しを浴びてしまうと体の中には強力な活性酸素が発生してしまいます。

これが発がん性物質を発生させる原因になってしまいます。紫外線の浴びすぎで皮膚がんになりやすくなってしまうのは、活性酸素が大きな原因になっています。

パクチーを食べることは活性酸素の発生を抑えるいわれています。つまり老化や病気を抑えることができて、アンチエイジングに繋がるというわけです。

パクチーは抗酸化作用が高い食物です。抗酸化作用とは活性酸素を抑える働きです。パクチーの抗酸化作用は、大豆やひじきや唐辛子の約10倍です。すごすぎます!パクチーはダントツに抗酸化作用が高い食物といえるわけです。

パクチーに含まれるビタミン

ビタミンB1
0.12mg/100g

ビタミンB2
0.21mg/100g

ビタミンC
96mg/100g

引用・SB食品

こちらは「カレーの王子さま」で有名なSB食品さんのデータです。パクチーに含まれているビタミンの働きは下記になります。

ビタミンB1

【主なはたらき】 ビタミンB1は食事でこまめに補いましょう。ビタミンB1は炭水化物の代謝に必要な栄養素で、体内に貯蔵されにくい栄養素です。にんにく、ねぎ、にらなどの硫化アリルを多く含む食品と一緒にとると、ビタミンB1の吸収率がアップします。

ビタミンB2

【主なはたらき】 ビタミンB2は炭水化物、アミノ酸、脂質の代謝に必要な栄養素です。ビタミンB2が不足すると、口内炎や、口角炎、口唇炎ができやすくなり、成長が停止する場合もあります。成長期のお子さんが積極的に摂りたい栄養素といえますね。

ビタミンC

【主なはたらき】ビタミンCは摂取しても数時間で体外に排出されてしまいます。更に 加熱に弱いです。水に溶けやすい性質もあるので、ゆで過ぎたり、水にさらし過ぎたりしないように注意が必要です。コラーゲンの合成、毛細管、歯、軟骨、結合組織を良好に維持するのに必要な栄養素の一つです。また鉄の吸収を助けたり、免疫機能、抗酸化機能にも影響を及ぼすものです。

パクチーの副作用

パクチーの食べ過ぎはダメです。どんな食物でも食べ過ぎてはいけません。パクチーの食べ過ぎで下痢になったり頭痛がしたり、気分が悪くなったりすることもありますので、食べ過ぎには注意して下さいね。

これは医学的な根拠があっていわれているものではないので個人差があります。自分の体に無理のない範囲でパクチーを食べるようにしましょう。

ペヤングのパクチー

こんな商品もパクチーブームを象徴していますよね。

ペヤング パクチーMAXやきそば 107g×18個

新品価格
¥3,596から
(2017/1/11 15:16時点)

ペヤング パクチーMAX やきそば

新品価格
¥288から
(2017/1/11 15:19時点)

パクチー好き必見!ペヤング パクチーMAX やきそば、食べてみた!
2016年12月19日発売のまるか食品「ペヤング パクチーMAX やきそば」を食べてみました。 ペヤング パクチーMAXやきそば  |  まるか食品株式会社

パクチー好き必見!ペヤング パクチーMAX やきそば、食べてみた!

【セイキンの祖父】ジジキンがぺヤングパクチーマックス食べた結果
▼ヒカキンのぺヤングパクチーマックスの動画

【セイキンの祖父】ジジキンがぺヤングパクチーマックス食べた結果

パクチーのレシピ

パクチーのレシピについて詳しい記事を紹介します。

パクチーの栽培方法

パクチーの栽培方法に関する記事を紹介します。





スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.