知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

電気毛布は良くないの?深い睡眠を得るためにはぬるま湯のお風呂がおススメな理由

更新日:

深部体温を下げると眠くなる

スムーズに眠りたい人は、寝る1時間前に手足を温めることをおススメします。なぜなら、手足を温めることで深部体温を下げることができるからです。

深部体温とは、体の中心部分の体温のことをいいます。

深部体温と睡眠はとても深い関係があり、深部体温が低くなると眠気は増します。

更にいうと、より深い睡眠をとって体を休ませたいのであれば、体の内側の芯の部分の温度が下がっている状態になることがとても重要になります。



スポンサーリンク


スムーズに眠りたい人は寝る前に手足を温めるといい

たいていの人は昼の間に活動しています。そんな時、人の体の内側は、ブドウ糖などの栄養を燃料にして、熱が生み出され、それがエネルギーとなり、活動を支えてくれています。

ですが、夜になっても昼に生み出されたエネルギーが体内に溜まっていると、体を休めるための睡眠の邪魔をしてしまいます。

そこで、エネルギーを調整するために、人間の体は、寝る1時間前になると、手足の温度が上昇するようになっているんです。

手足に流れている血流の量が増加することで手足の温度が上がるわけです。

血液の量を増加させて、体の末端である手足に熱を運び出し、体の外へ放出しようとしているんですね。

そうすることで深部体温を下げることができるんです。眠り始めた頃の赤ちゃんの手は暖かくてポカポカしていますよね。熱を手足から放出しているから、手足が暖かくなっているんです。

手足が暖かくなることで、熱を放出し、それが深部体温を下げ、眠りやすくしているわけです。

深部体温を下げるお風呂の入り方

深部体温を下げれば人は自然と眠くなります。深部体温を下げるのに効果的なのが、ぬるめのお風呂に入ること。

お風呂に入ることで血行が良くなれば、体の血液の流れが良くなり、手足から体の熱を放出させることができます。それが深部体温を下げることに繋がるわけですね。

こちらの記事もおススメです。



スポンサーリンク


電気毛布は良くないの?

電気毛布は使い方を間違えると睡眠の邪魔になります。電気毛布の正しい使い方は下記になります。

寝る前に電気毛布で布団を温めて、寝る直前で電源を切る
タイマー設定のできる電気毛布を使う(就寝後数時間で電源が切れるようにする)

電気毛布はあくまで、入眠時や眠りが浅い状態の時に体を温めるためのものとして使いましょう。

先ほどいったように、人は寝ている時に温度が下がるほど深い睡眠を得られます。

しかし電気毛布で体を温め続けると、深部体温が下がらなくなるので、脳や体が休息を得ることができなくなってしまいます。

ですので、電気毛布を使う場合は、眠る直前、あるいはタイマーで数時間後に電気毛布の電源がオフになるようにする必要があります。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.