知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

スムーズに良い睡眠を得るにはいつお風呂に入るのがいい?寝入りを良くする方法

投稿日:

長風呂はNG

長風呂は寝入りを悪くします。20分を超える時間の長風呂は、深部体温が上がり過ぎてしまい眠りにくくなります。

寝入りを良くするためには深部体温を下げる必要があります。深部体温とは体の中心の熱のことです。この熱が下がってくると人は眠くなります。



スポンサーリンク


熱すぎるお風呂もNG

熱すぎるお風呂に入ることも寝入りを悪くします。寝る前に41度を超える熱いお風呂に入るのは、あまりおススメできません。

なぜなら熱いお風呂に入ることは交感神経を刺激させてしまい、体を興奮状態にしてしまうのです。

交感神経は、体の動きを活性化する神経で、副交感神経は体をリラックスする神経です。

これから眠りたいのに、交感神経を刺激させてしまえば、体は目覚めてしまい寝入りが悪くなってしまいます。

寝入りを良くするお風呂のお湯の温度は、38から40度がベストです。

寝る1時間前がBEST

ぬるめのお湯に入ることで、寝入りを良くすることができますが、いつお風呂に入るのが良いのでしょうか?

それは寝る1時間前が最も適した時間だといわれています。

寝る1時間前に、38度から40度のぬるめのお湯のお風呂に入ることで、手足を温め、深部体温を下げることができるようになり寝入りを良くします。

シャワーだけで済ます人もいますが、できればお風呂に入って手足を温めるようにしたいです。そうしないと、手足が温まらず、深部体温を下げることができないからです。

どうしてもお風呂に入れない人や、シャワーオンリーの人は、「足湯」をして下さい。

38度から40度くらいのお湯をバケツに入れて、20分間くらい両足を入れて温めましょう。そうすることで寝入りを良くすることができます。

しかし、バケツにはお湯の温度をキープする機能がありませんので、寒い冬などのお湯の温度が変わりやすい時は、ポットのお湯を注ぎ足しするなどして工夫して下さい。

脚温器を使うのも効果的です。使う時は、38度から40度の温度で、20分間くらいかけて足を温めましょう。

KOIZUMI(コイズミ) 【つま先まで暖かい】 電気足温器 【洗えるカバー】ピンク KDF-4031/P

新品価格
¥4,480から
(2016/12/16 14:41時点)

なかぎし 日本製 ホットマルチヒーター NA-23MH(R) レッド

新品価格
¥3,890から
(2016/12/16 14:42時点)

なかぎし(NAKAGISHI) 電気足温器(ズボンタイプ) NA-21SHZ(TA)

新品価格
¥8,980から
(2016/12/16 14:43時点)



スポンサーリンク


お風呂に入ってはいけない時間帯

会社や学校から帰ってきて、すぐにお風呂に入ってしまう人も少なくないでしょう。就寝時刻の4、5時間前は、体温が高くなっている時なので、体はアクティブな状態になっています。

すなわち、体が活動的になっている時間帯に、ぬるま湯のお風呂に入ってもい、寝入りに重要な熱の放出ができなくなってしまいます。

更にいうと、体が活動的になっている時は、深部体温も高いので、寝たいと思ってもなかなか寝付くことができません。

また寝る直前にお風呂に入ってしまうのもNGです。体が火照ってしまい、熱が邪魔をして寝つきが悪くなります。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.