知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

【眠くなる飲み物】寝入りを良くする飲み物と悪くする飲み物。ホットミルク、ホット豆乳、ハーブティーが快眠に良い理由

更新日:

寝入りを良くする飲み物

ホットミルク

トリプトファン

ヨーロッパやアメリカでは、なかなか寝付けない時にホットミルクを飲む習慣が当たり前のようにあります。

牛乳などの乳製品には、トリプトファンが含まれています。トリプトファンとは、たんぱく質に含まれるアミノ酸の一種で、人間の体内では生成されないため、飲み物や食べ物から摂取しないといけません。

睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」はトリプトファンを原料にして作られます。

「メラトニン」が分泌されることで、深部体温が下がり、副交感神経が優位になります。

そして脳も体もリラックスした状態になり自然な眠りを誘います。

「メラトニン」は一般的に、就寝前の1、2時間くらい前に脳から分泌されるといわれています。

つまり寝入りを良くするためには、トリプトファンを飲み物や食べ物から摂取して、「メラトニン」の分泌を促すようにするとよいわけです。

カルシウム

更に、牛乳にはカルシウムも含まれていて、精神を安定させる作用があるといわれています。

寝入りを良くするためには、刺激を遮断し、リラックスした状態にする必要があります。

そのためにホットミルクは、寝る前に飲む飲み物として最適な飲み物だといえるわけです。

ホットが良い理由

冷たい牛乳よりもホットミルクが良いのは理由があります。ホットミルクを飲むと、一時的に深部体温が上昇します。

しかし、体はその熱を手足から放出して、深部体温は飲む前より下降し、眠気を誘ってくれます。ぬるめのお風呂に入るのと同等の効果が期待でき、体をリラックスさせてくれます。



スポンサーリンク


ホット豆乳

トリプトファン

豆乳には牛乳以上にトリプトファンが含まれています。

カルシウム

豆乳は牛乳に比べるとカルシウムが少ないです。豆乳のカルシウムの量は牛乳の10分の1なのでカルシウムにより精神安定効果はさほど期待できません。

イソフラボン

豆乳にはイソフラボンという物質が含まれています。イソフラボンを摂取することで睡眠に良い影響をもたらす可能性があるといわれいます。他にも更年期障害の緩和や、美肌効果なども期待されています。

ハーブティー

ハーブティーは香りがリラックス効果をもたらしてくれるのでおススメです。ハーブの種類はたくさんあり、含まれる有効成分も少しづつ違いがあります。

体に疲れが溜まっている時はローズヒップ、気持ちが不安定な時はラベンダー、精神的な疲労にはペパーミントといった感じで、自分が求めている状態にあったハーブティーを飲むことで体を休める効果が期待できます。

ちなみにクレオパトラは美貌を保つためにハイビスカスを飲んでいたといわれています。



スポンサーリンク


寝入りを悪くする飲み物

寝入りを悪くする飲み物は、刺激物質を含んだ飲み物です。その中でもカフェインを含んでいる飲み物は寝る前には避けた方がよいでしょう。

コーヒー、紅茶、緑茶はカフェインが含まれている飲み物としてとても有名です。

しかし、ココアやチョコレート、コーラや栄養ドリンク、エナジードリンクなどにもカフェインが含まれていますので、注意が必要になります。

ちなみにカフェインは、若い人で2時間、高齢者になると5時間以上作用が続くといわれています。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.