知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

寝酒が睡眠の質を下げる理由。アルコールを飲むとおしっこが出やすくなる?

投稿日:

寝る前の楽しみとしてお酒を飲む人は少なくないと思います。アルコールを摂ることで、ほろ酔い状態になり、眠くなることは多くの人が経験していますから。

たしかに、アルコールを飲むことで寝入りが良くなります。しかし睡眠薬代わりに寝酒を飲むのは良くありません。なぜならアルコールは睡眠の質を下げてしまいます。

その他にも、アルコールには様々な弊害があります。今回は寝酒を飲むことの弊害を紹介します。



スポンサーリンク


睡眠の質を下げる

アルコールを飲んでから寝るのは、脳全体に麻酔をかけるようなものであり、脳内の睡眠機能が働いて眠くなるのとは異なります。

例えば、歯を抜歯する時に麻酔をかけた時。麻酔が切れれば当然口の中が痛み出します。
これと同じように、アルコールが抜けてしまうと、眠気の浅い睡眠になってしまい、質の低い睡眠が続いてしまうことになります。

人はアルコールを飲むことで耐性ができて、だんだん酔いづらくなります。すると酒量も徐々に増えていき、それが原因でアルコール依存症になる危険性も高くなってしまいます。

おしっこが出やすくなる

夜寝ている時におしっこにあまり行きたくならないのはなぜだと思いますか?それは抗利尿ホルモンが働いているからなんです。

このホルモンが働くと、人の体は夜寝ている時におしっこを作らないよう制御してくれます。だから寝ている時におしっこがしたくなるのを防げるのです。

しかし、アルコールを摂取すると抗利尿ホルモンの働きを妨害してしまいます。お酒を飲むといつもよりトイレに行きたくなりますよね?

これはビールによって水分を摂っていることにプラスして、抗利尿ホルモンの働きがなくなってしまうために起こることなんです。

アルコールを摂ることで、夜寝ている時でもトイレに行きたくなるため、睡眠も浅いものになってしまいます。

いびきもかきやすくなる

お酒を飲むことで、いびきもかきやすくなります。これはアルコールが、舌の筋肉を麻痺させてしまうからなんです。

麻痺した舌は喉に落ちやすくなりいびきに繋がります。

いびきをかいている時は、あまり質の良い睡眠を摂ることができません。なぜなら、いびきをかいていると酸素を充分に摂ることができず、熟睡できないんです。

いびきをかいたまま寝ると、浅い睡眠が続き、翌朝起きても疲れが取れてないと感じてしまいます。



スポンサーリンク


二日酔いになる

お酒を飲み過ぎると二日酔いになります。これは体の中でアルコールが上手に分解されないと、毒性の強いアセトアルデヒドという物質が発生します。

アセトアルデヒドが体内に残ると、頭痛やだるさ、吐き気や疲労を感じます。二日酔い特有の症状ですね。

アセトアルデヒドが体内に残り続けることで、心地よい睡眠を妨げ、睡眠の質は低下してしまいます。

ちなみに、アセトアルデヒドを体内に出すには、しじみやごま、ひまわりの種を食べると良いといわれています。

まとめ

アルコールを飲むことで、寝入りは良くなるかもしれませんが、脳の睡眠機能を働かせて眠気を起こしているわけではないので、睡眠の質は下がってしまいます。

アルコールで誘発される眠りは、脳全体に麻酔をかけるような行為です。自然な眠りとは言えません。

アルコール依存症にならないよう、しっかり理解してお酒を摂るようにしましょう。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.