知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

美容・ダイエット

ヒアルロン酸プチ整形の失敗を避けるには

投稿日:

安くて気軽にできるプチ整形は危険です。
一時的な感情でプチ整形をするのではなく、デメリットもよく聞いた上で判断しましょう。

尚、プチ整形をするクリニックの評判も絶対に知らべてから行うようにして下さい。

プチ整形で失敗した人は年々増加しています。
急増するプチ整形トラブルに弁護団が110を開設します。
夏に希望者が急増するメスを使わずお手軽にできるプチ整形。
しかし希望者の急増と共に、トラブルも急増。

プチ整形トラブルとして挙げられるのが
皮膚の壊死
失明の危険性

これらを専門家が指摘していました。

「基本的に失明とかが一番ひどいケースですね」と語る専門家。
壊死にしてもたくさん注射を打てば広い範囲が壊死することになります。壊死とは皮膚の表面が腐ってしまうこと。大量のヒアルロン酸を鼻や鼻筋に入れてしまうのは危険極まりないことです。

プチ整形で失敗した人はこんな人

鼻を高くするためにヒアルロン酸を注入したところ、皮膚表面がひどくただれてしまった人

厚みのある魅力的な下唇にしようとヒアルロン酸を注入したところ、下唇が完全に壊死してしまった人

ヒアルロン酸注入で失敗する原因

大量にヒアルロン酸を注入してしまうと、ヒアルロン酸が皮膚を押し上げてしまい、その圧力で皮膚に血が回らなくなってしまいます。

そうすることで鼻の皮膚に必要な栄養や酸素が供給されなくなり、皮膚の表面が腐ってしまうのです。

この状態になってしまったらどう回復・修復すればいいんでしょうか?

それは残念なことですが、正常な部分の皮膚を移植するしか選択肢はないようです。

ヒアルロン酸プチ整形を失敗を避けるには

ヒアルロン酸を注入するプチ整形で失敗する医師は、浅はかな医学知識しか持たない経験の少ない医師によるミスです。

トラブルを避けたいのであれば、整形手術の経験が豊富な医師のもとで整形を受けるべきです。

プチ整形トラブル弁護団110

弁護士の有志による被害者救済のための弁護団を結成。
プチ整形被害110番が開設されることになりました。

プチ整形で顔面に重症の被害を受けた方で、一人で悩んでいる被害者の方はぜひ相談して悩みを早急に解決して下さい。

2016年8月13日午前10時から午後4時
電話番号:03-5315-4438

-美容・ダイエット

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.