知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

美容・ダイエット

白髪になるのは何歳から?白髪を予防・改善する食材は?

投稿日:

白髪が増えるとショックですよね。いつの間にか、できている白髪。何歳になると白髪は増えるのでしょうか?これには決まった年齢があるわけではありません。

また、歳をとるとなぜ白髪が増えるのかを知りたい人も少なくないでしょう。

今回は、歳をとるとなぜ白髪が増えるのか?白髪を予防・改善するために効果が期待できる食材はどんなものかをご紹介します。



スポンサーリンク


歳をとるとなぜ白髪になる?

髪が黒いのはメラニン色素のおかげ。メラニン色素は例えるなら黒い絵具のようなものです。

だからメラニン色素がなくなってしまうと白髪になります。黒い色素がなくなっちゃうから髪が白くなってしまうわけですね。

メラニン色素はメラノサイトという細胞が作り出してくれます。メラノサイトはメラニン色素を作り出す工場みたいなもの。

メラノサイトの働きが活発だと、安定してメラニン色素を生産することができるため、黒髪を維持することができるわけです。

ですので、白髪を抑えたいのであれば、メラノサイトの働きを活発にすることが重要といえるわけです。わかりやすくいうと、メラノサイトという工場で安定的にメラニン色素を生産し続けることができれば、白髪は発生しなくなるわけです。

しかし、なんらかが原因でメラノサイトという工場でメラニン色素が生成されなくなると、髪の毛は色素を失い、白髪になるわけです。

ポイント
メラノサイトが元気に働いて、メラニン色素が安定して生成されることで髪の毛は黒さを維持できる

メラノサイトがメラニン色素を作る時には、チロシナーゼという酵素が必要になります。これを理解するのにわかりやすいのが、「りんごの酸化」です。

りんごを切ってそのまま放置すると、しばらくして黒く変色してしまいます。これは、りんごに含まれているチロシンが空気に触れることで、酸化して、チロシナーゼという酵素が作用したため、メラニン色素が生成されて、黒く色がついてしまいます。

切ったりんごは、チロシナーゼという酵素が作用して黒く変色します。これと同じく、髪の毛にあるメラノサイトでも、メラニン色素を生成するために、チロシナーゼという酵素の働きが必要になります。

しかし人は歳をとるにつれて、酵素が体の中で生成されにくくなっていきます。若い時には生成されていたチロシナーゼという酵素が、歳を重ねることで、生成されにくくなってしまうんです。

それが原因でメラノサイトがメラニン色素を生成することが困難になり、黒髪が白髪に変わってしまうわけなんです。

ポイント
チロシナーゼという酵素が作用してメラニン色素が生成され黒髪を維持できるが、年をとるとチロシナーゼの生成が困難になる

白髪になるのは個人差がある

上記で説明した白髪になる理由を簡単にまとめると、

メラノサイトが元気に働いて、メラニン色素が安定して生成されることで髪の毛は黒さを維持できる

チロシナーゼという酵素が作用してメラニン色素が生成され黒髪を維持できるが、年をとるとチロシナーゼの生成が困難になる

ということがわかりました。

ですので、何歳で白髪になるのかというのは、個人差があるといえます。なぜなら、メラノサイトの働きが衰えるのは個人差があり、全ての人が何歳から白髪になるなんてことはいえないからです。

同じように、チロシナーゼの生成が困難になるのは、何歳からと断定できないともいえます。

人によっては、なんらかが原因で、メラノサイトの働きが正常でなくなれば、若くても白髪になるといえます。

同じく、チロシナーゼの生成が活発であれば、歳をとっても黒髪がたくさん生えた状態になるといえるというわけです。



スポンサーリンク


白髪の改善・予防に良い食べ物

白髪を予防・改善するには、メラノサイトやチロシナーゼの働きをサポートする成分を含んだ食材をバランス良く食べることが重要となります。

メラノサイトを活性化する食材

メラノサイトを活性化してくれる食材を紹介します。
ヨード(ヨウ素)が含まれている食材を摂ることで、メラノサイトの働きは活発になります。昔から、わかめや昆布を食べると髪に良いといわれていたのはこのためです。

海藻類

ひじき
昆布
わかめ
焼きノリ

魚介類

カツオ
イワシ
ブリ
サバ

チロシナーゼの働きをサポートする食材

チロシナーゼの働きを活発にしてくれるのが銅を含む食材です。銅は体内で生成させることがない成分といわれていますので、食事やサプリなどで積極的に補うようにしまよう。

大豆
納豆
モロヘイヤ
ごぼう
サツマイモ
玄米
エビ
たこ
イカの塩辛
レバー
しじみ
あさり
きな粉
ごま

チロシンを含む食材

チロシンはメラニン色素を作るためには欠かせない原料といえます。いくらメラノサイトが活発に働いても、チロシンがなければ髪の毛を黒く色付けすることができなくなります。

チロシンは、もともとチーズから発見されたもの。チロシンは、脳をやる気のもとになるドーパミンや、集中力を高めるノルアドレナリンの材料にもなってくれます。うつ病の治療にも効果があると期待されています。

更にいうと、ストレスや疲労を緩和する効果も期待されます。

チーズ
脱脂粉乳
バナナ
アボカド
リンゴ
きな粉
ごま
大豆
高野豆腐
アーモンド
かつお
しらす干し



スポンサーリンク


-美容・ダイエット

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.