知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

美容・ダイエット

タバコを吸うと白髪が増える?喫煙は薄毛に繋がる?

更新日:

タバコは老化を促進するといわれています。でもタバコってなかなかやめれない。体に悪いとわかっていてもなかなかやめれない。

私も昔、タバコを吸っていましたから、その気持ちはよくわかります。

でもタバコを吸うことで、白髪が増えたり、薄毛になるとしてもタバコを吸い続けたいと思いますか?

白髪の原因の1つである血行不良

黒髪が白髪になるのは、髪の毛の黒い色を作るメラニン色素が不足してしまうからです。メラニン色素を生成しているのが、メラノサイトという細胞です。メラニン色素を作る工場みたいなものですね。

メラノサイトは、毛の根元の下部に存在し、頭皮から栄養素を受け取って、活動しています。そうです。メラノサイトは、栄養を受け取ることでメラニン色素を生成しているんです。

しかし、頭部が血行不良が起こってしまうと、どうなるでしょうか?たとえ栄養が充分に体に行き届いていたとしても、頭部が血行不良になっていれば、メラノサイトまで栄養が運ばれません。そうすると、メラニン色素を生成することが困難になります。つまり、血行不良は白髪の原因になるといえます。



スポンサーリンク


タバコは血行不良を引き起こす

タバコを吸うと血管へ悪影響を及ぼします。タバコにはニコチンが含まれているからです。ニコチンには血液収縮作用がありますから、脳の血管を縮めてしまいます。

そうです。タバコを吸うことは、血行不良を引き起こしてしまうのです。タバコを吸ってまだ間もない頃は、頭がクラクラすることがあるのですが、これは脳の血管が縮まって脳細胞が酸素不足になっているから、頭がクラクラしてしまうのです。

タバコを吸うことで、頭部に血液や栄養が充分に運ばれなくなれば、メラノサイトは活発に働くことができなくなり、メラニン色素の生成が困難になります。

だからタバコを吸うことは、白髪を増やしてしまう可能性が高いといえます。もちろん、白髪になる原因はいろいろあるので、一概にタバコのせいばかりにはできないですが。

タバコは依存性も高いです。タバコを吸うことが習慣化していると、ついつい時間があればタバコに手を出してしまいます。

タバコを吸ったぶん、体は血行不良を起こしていると考えると、それが白髪の原因に繋がっている可能性は高いといえるのではないでしょうか。



スポンサーリンク


タバコは薄毛の原因?

ツヤがありハリのある髪の毛にしたいなら、メラノサイトが元気に働いてくれないといけませんよね。

つまり頭皮に、しっかり血液を流して、栄養を届けてあげないといけないわけです。そうしないと、髪の毛の生成にも悪影響を及ぼします。

そうです。頭皮の血行が悪ければ、栄養が行き届かなくなり、髪の毛が生成されず、薄毛に繋がってしまうというわけです。

白髪も増えて、毛も少なくなるなんて最悪ですよね。いくら髪の毛に良い影響を与える食べ物をたくさん摂っていても、タバコのせいで血行不良になっていたら、全ては無駄になってしまうわけです。



スポンサーリンク


まとめ

タバコを吸うことで確実に白髪が増えたり、薄毛になるとまではいえませんが、頭皮には悪影響をもたらすということがわかって頂けたかと思います。

急にタバコをやめることもストレスに繋がる危険性があるので、まずは少しづつ本数を減らすことを目標にして、上手にタバコと付き合っていかれるのが良いのではないでしょうか。



スポンサーリンク


-美容・ダイエット

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.