知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

口臭

キャベツは口臭の原因になるのか?キャベツに含まれているインドールとは?

投稿日:

突然ですけど、キャベツを食べてる時に、「ちょっとクサい」と感じませんか?

ドレッシングやマヨネーズなどをかけたり、他の野菜や食材と混ぜて調理したものはあまり臭いはしません。

しかしキャベツを千切りにして食べた時、なんかちょっと微妙にくさいと感じたので、キャベツは口臭に関係するのか調べてみました。



スポンサーリンク


キャベツは口臭の原因になるのか?

キャベツには悪臭の原因になる「インドール」が含まれています。

「インドール」はうんちの臭い成分のひとつです。つまりうんちみたいな匂いがするってことです。

しかし「インドール」は濃度が低いと花の香りがするんです。おかしな話ですよね。濃度が濃いとうんちの臭いがして、濃度が低いと花の香りがするなんて(笑)

「インドール」は合成されて、香水や香料にも使われています。人が加工して、うまいこと調整すればとてもいい香りになってしまうみたいです。

しかし、濃度が濃いと、さっきもいったようにうんちの臭いがします。

だからといって「インドール」がダメだというわけではありません。「インドール」は、発がん物質が、がんになるのを防いでくれる働きがあるといわれています。

「インドール」にはがんを防ぐ良い働きもあるので、キャベツを食べない方が良いといいたいわけではありません。キャベツを食べた後は、しっかり歯を磨くようにしましょう。

歯や歯の間に、キャベツの食べかすが残っていると、そこに雑菌が繁殖して、うんちの臭いに近いものを発生させる危険性があります。

しっかりケアして、食べかすを取り除けば、口臭の原因になるということはありません。



スポンサーリンク


キャベツの良いところ

カロリーが低い

キャベツは栄養価が高いのに、カロリーが低いのでダイエット食に向いています。

わかりやすくいうと、キャベツ1玉が、ごはん茶碗一杯分と同じくらいのカロリーです。

キャベツは胃腸の粘膜を修復する

キャベジンという有名な胃腸薬を知らない人は少ないと思います。

キャベツに含まれるキャベジンは、傷ついた胃腸の粘膜を修復を促進してくれる効果が期待できます。

キャベツの食べ方

キャベツに含まれているビタミンは、水溶性ビタミンなので、下記に注意して調理して下さい。

熱を加えすぎるのはNG
長時間、水にさらすのはNG

注意して調理しないと、せっかくの水溶性のビタミンが壊れたり、水に流されてしまいます。

キャベツの豊富な栄養を壊さず食べるなら、生で食べるのが一番おススメです。



スポンサーリンク


-口臭

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.