知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

乳がんの検査をするのは妊娠する前がBEST

投稿日:

乳がんについては女性だけが詳しければいいというわけではありません。2010年のデータによれば、日本人女性は、12人に1人が生涯に乳がんを患うといわれているほどですから。

乳がんのことについてわかったことをお伝えします。

授乳期は乳がんになりにくい

授乳期には、乳がんにならないわけではないんですが、非常になりにくいといわれています。

そもそも乳がんとは、乳腺にできるがん。卵巣からでる女性ホルモンの「エストロゲン」が大きな原因になっているといわれています。

妊娠授乳期は、卵巣から分泌される女性ホルモンが少なくなるので、乳がんの発症リスクは低くなるのです。

妊娠前には乳がん検査をしておく

しかし、授乳期に入る前に乳がんができていた場合ですと、授乳期以前にできていたがんは急激に進行してしまうことがあるのです。

その原因は、おっぱいを作るために、血流がよくなったり、リンパ流がよくなったりしてしまうので、一気に進行してしまうというわけなんです。 

ですので、乳がんの検査をするのは、妊娠する前がBESTです。

授乳期に乳がんの検査はできるのか

妊娠する前に乳がんの検査をしなかった人が、授乳期に入ってから乳がんの検査はできます。

しかし、授乳期の乳腺は授乳期乳腺といって、正常な乳腺ではないので、検査としたとしても、ほとんどの場合が、正確な診断ができないといわれています。

具体的な例を申しますと、乳腺には何も異常がない状態なのに、異常があるように写ってしまうことが起こってしまうことが多くみられるようです。

つまり、授乳期はがんが見つかりにくい状態で、がんの進行は進みやすいといえます。

自覚症状がある人は乳がんの検査を受診した方がいい

自覚症状がある人は受診をおススメします。
例えば、
大きなしこりが出てきた
乳頭から血が出てきた
乳汁に血が混じってきた
などが起こった場合はすぐに病院へ行って相談して下さい。

乳がん検査の条件

20代の女性で、家族歴に乳がんがないのであれば、本来であれば検診はまだ不要であるいえます。

日本乳がん学会は、40歳を過ぎた女性は乳がんの検査を受けることが推奨されています。

20代の乳がんのほとんどは遺伝性によるものといわれています。
したがって、親や兄弟や叔母や祖母などの人に、乳がんや卵巣がんなどの悪性疾患の人がいる場合は20代の人であっても検査を受けた方が良いです。

20代でがん検診を受けるリスク

家族歴に乳がんがないけど、不安だから乳がんの検診を受けたいと考える人も少なくないでしょう。

しかし、乳がんの危険性が少ないのに乳がんの検診を受けるのは不利益を被る可能性があります。

不要な乳がん検査で逆に、将来歳をとってから乳がんができてしまう可能性もあるのです。

それは放射線による影響が大きいといわれています。不要なマンモグラフィー検査で被爆してしまうと、逆に乳がんのリスクを高めてしまうこともあるといわれています。

定期的な乳がん検診が必要

乳がんの検診を自己診断で行って満足していてはいけません。胸を自分で触ってしこりがなかった、痛みがなかったからといって乳がん検診を全く受けないのはリスクがあります。

専門の医師がいうには、セルフチェックして何もなかったと思い病院に行かない方が一番危険な状態にあるとのこと。

セルフチェックでしこりがない場合でもがんが発症している可能性は十分あります。だからこそ定期的な検診が必要だといえるのです。

がんは小さいものなら自分の手で触ることは不可能。人間の手で触れるのは約1センチくらいから。そのくらいの大きさのしこりでないと触ることはできません。

女性でも胸の大きな人も小さな人もいます。胸が小さな人であれば、比較的しこりは見つけやすいですけど、胸が大きい人は1センチのしこりは触ることができません。

セルフチェックだけではがんの発見が遅れてしまうというリスクがあることは忘れないようにして下さい。

ピリっとした痛いは乳がんなのか

胸に違和感や痛みが走ることがあり乳がんと関係があるのか心配だと思っている人は少なくないと思います。
女性は30代の終わりくらいになってくるとホルモンが不安定になってきます。

それによって、胸が張る時期が変化してきてしまうんですね。それで痛くなってしまう。これは病気とは全然関係ないものです。30代後半くらいの女性であれば、起きて当然の病状なので過度に心配する必要はありません。

ちなみに乳がんは基本的に痛みはないもの。医師いわく、乳がんの方は「痛い」とはいわないのだそうです。

乳がんがかなり進行してしまわない限り、痛いことはほとんどないものなんですね。

母乳と乳がんは関係あるの?

授乳して卒乳・断乳して少しでも、おっぱいに母乳(ミルク)が残っているとそれがガンになりやすいのか?と疑問に思っている人がいると思いますが、これは全く嘘。

母乳(ミルク)が原因で乳がんになるということはありません。乳腺の組織がガンになってしまうのです。

乳がんのリスクが高い体型は?

体型や体質とかで乳がんになりやすい人・なりにくい人はあるのでしょうか?
閉経後の方は肥満と乳がんがすごく関係性があるといわれています。
閉経後、肥満にならないように、運動を積極的にして、なるべく食事も野菜中心の食生活にするのがベストです。

-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.