知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

冬の耳鳴りを防ぐ対策方法!耳が冷たくなると難聴やめまいが悪化しやすい?

更新日:

冬になると耳鳴りがしたり難聴がするといった症状で悩んでいませんか?それは気温低下から来る冷えが影響を与えているのかもしれません。

めまいや立ちくらみなども、体が冷えてしまうことが原因で起きてしまうこともあるといわれています。

耳は体温が一番低い部位

耳は全身の中で一番温度が低い部位といわれています。ですから、熱いものに触った時は、耳たぶを指で触って、熱を冷ますようなしぐさをするんですね。

耳たぶの体温はどのくらいなんでしょうか。それは、夏であっても、30度に満たないといわれています。

冬の耳鳴りの原因は冷え?

冬になれば、気温も下がり外気も冷たくなりますので、耳はさらに熱を奪われてしまいます。

冬の外気によって熱を奪われてしまった耳の冷えは、体の内部にまで浸透してしまいます。

そして、血管は縮まってしまい、血流も悪くなります。それが原因んで、耳鳴りや難聴やめまいといった症状が発生しやすくなってしまうわけです。

冬は耳鼻科が、1年のうちで1番込み合うシーズンだといわれています。

それは耳の冷えが大きな影響を与えているからなんです。

風邪やインフルエンザも耳鳴りの原因になる?

寒い季節になると、当然風邪にもかかりやすくなります。風邪やインフルエンザにかかってしまうと、鼻水が出ますよね。

その鼻水に混じった雑菌やウィルスが原因で中耳炎(ちゅうじえん)にかかることもあります。

鼻水を強くすすってしまうことが原因で、耳間狭窄症(じかんきょうさくしょう)という病気も発症します。

中耳炎(ちゅうじえん)や耳間狭窄症(じかんきょうさくしょう)が原因でめまいや、難聴を併発してしまうこともあります。

寒暖差で自律神経のバランスが崩れる

冬の季節は、室内と屋外を行き来します。そうすると、気温の寒暖差によって自律神経のバランスが崩れやすくなるといわれています。

耳鳴りやめまいが起きた人で、病院で検査しても脳や耳に異常が見つからなかったという場合は、自律神経が乱れたことが原因になっている可能性があるかもしれません。

耳には重要な神経や血管がたくさんある

耳には、体を正常に維持するためにとても重要な、毛細血管や神経が張り巡らされています。

冬になり、冷たい外気が耳の穴に入り込んで、耳周辺の血管の血流を悪くさせてしまうと、耳に関係する神経や毛細血管に異常を発生させてしまいます。

それが、めまいや難聴、耳鳴りなどに関係してしまうわけですね。

耳の周辺には、筋肉がほとんどありません。熱を発することができないため、先ほどもいったように体温が1番低い部位になっているんですね。

ですので、耳は工夫して温めてあげていけなければいけません。冷たい外気にさらすのではなく、耳あてやマフラーなどで耳を温めてあげることで耳を冷えから守ることができます。



スポンサーリンク


耳の冷えを防ぐ対策方法

耳が冷えるのを抑えるための対策方法は、日常生活でできるだけ暖かい服装をするように心がけることです。

耳あて&マフラー&ニット帽&暖かい飲み物

外出する時には、耳あてやマフラー、ニット帽を積極的につけるようにして、防寒対策をしましょう。

手袋や厚手の靴下、腹巻などと同じように耳あてやマフラー、ニット帽を身に着ける癖を付けて下さい。

パーカーのフードをかぶって耳を温めるのも良いですね。とにかく気温が低い時は、外気に耳をさらさないようにしましょう。

そして耳をできるだけ冷やさないように意識しましょう。耳を冷やすことで、神経や毛細血管に悪影響を及ぼします。

長時間耳が冷えている状態が続いていると感じたのなら、暖かい飲み物(ホットの缶コーヒーや紅茶など)を耳にあてて暖めるなども、耳を冷やさない対策として効果があります。

お風呂で温める

冬場に手軽に血流を良くすることができる方法が入浴です。40度くらいのお湯に、15分から20分くらい漬かって体をじっくり温めましょう。

お風呂に漬かって体を温めることで、寝入りもよくなり深い睡眠も得られるようになります。

冬の寒い時期は、シャワーだけで済ますのではなく、体の芯から温まれるお風呂で、体を温めることを習慣にして下さい。

注意したい点は、メニエール病でめまいの症状が激しい時には長時間の入浴はNGです。

転倒したり、嘔吐したりする危険性が高まるので無理はしないようにしましょう。

※メニエール病とは、耳の内耳というところにリンパ液がいっぱい溜まってしまい、めまいなどが発症する病気のことです

耳をマッサージ

耳のマッサージも耳を温めるのに効果的な方法です。耳の血流が良くなるまでゆっくりとマッサージしてもみほぐしましょう。

耳つぼ、マッサージ Lesson
耳つぼ、マッサージのLesson動画をアップしました。 耳を刺激するだけでつぼに作用して、日常の疲れを和らげることが出来ますよ。 ご自身でも簡単に出来ますので参考にしてみてください。 今後も様々な美と癒しの情報を公開していきます。 コチラ↓のメルマガへのご登録をしていただきますと、 「耳ツボセルフマッサージ」の限定動画をプレゼント♪ 最新・お得情報、限定動画も公開しています。 【JEEA】美と癒しを求めて (メルマガ登録フォーム)

耳つぼ、マッサージ Lesson



スポンサーリンク


冬場に耳鳴りがしたら

冬場に、耳鳴りやめまいや難聴などが繰り返し起きた場合は、出来るだけ早く耳鼻科で検査を受けるようにして下さい。

これらの症状は、耳だけが原因になっているわけではありません。脳に異常があるために起こってしまうこともありえます。

脳の異常とは、具体的にいうと、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などがあげられます。これらが原因となっている場合は、命にかかわる危険性もあるので、早急に対処する必要があります。

耳鳴りやめまいや難聴などが繰り返し起きた場合、まずは耳鼻科で検査をしてもらい、原因が耳にあるのか、脳にあるのかを確認する必要があります。

耳の異常と診断された場合は、毎日の生活で耳を温めることを意識して、血流を良くすることで早期回復につなげることができます。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.