知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

寝る時はパジャマがおススメな理由。ジャージやスウェットが寝間着としてダメなのはなぜ?

投稿日:

質の高い睡眠を得るには、寝間着選びがとても重要です。寝間着選びで重視したいことは、着心地の良さや保温性、通気性です。これらがぐっすり眠るための大きなカギを握っています。

あなたは今どんな寝間着を着て寝ていますか?めんどくさいからといってジャージやスゥェットを着て寝ていないですよね?

ナイトウェア選びを適当にしていると体は小さなストレスを感じて、熟睡が妨げられます。

ジャージやスウェットじゃダメなの?

寝る時にジャージを着てはいけない理由は、ごわごわした肌触りが熟睡を邪魔するからです。

そもそもジャージは眠る時のことを想定して作られたものではありません。

ジャージは何回洗ってもよいように、丈夫な生地で作られています。縫い目も頑丈で、分厚く作られています。

ジャージはウェストのゴムもきつめに締め付けるものが多いので圧迫感もあります。これではリラックスしてゆったりくつろぐことはできないですよね。

トレーニングウェア、スウェット、トレーナーなどは寝る時に着るものとしてはおススメできません。



スポンサーリンク


パジャマがおススメな理由

質の高い睡眠を得るには、部屋や布団の中の温度や湿度によって、睡眠の時の快適さが大きく変わってきます。

それと同じくらい重要なのが、寝間着の着心地間や保温性や通気性です。

パジャマはナイトウェア、つまり眠る時に着ることが目的で作られたものです。

体にフィットするパジャマを着ることで、体と生地の間には適度な空間がうまれ、ストレスを感じずに体をリラックスさせることができます。

パジャマの一番の役割は、睡眠中にかく汗を吸収してくれることです。

夏になると暑いからという理由で、何も着ない裸に近い状態で寝る人がいます。しかしこれでは、汗を吸収できずに体にまとわりついて不快感が高まり、軽いストレスを感じることで寝つきが悪くなります。

人は寝ている間に、コップ一杯分くらいの汗をかくといわれています。パジャマの素材はその汗を吸収して、心地よい状態を維持してくれるわけです。

薄い素材の寝間着を着ることで、快適を維持できるようになり、高い質の睡眠を得ることができるというわけですね。

その他にも、パジャマに着替えることで、睡眠モードにスイッチを切り替えることができるようになります。

お風呂に入ってから、パジャマに着替えてメリハリをつけることで、夜にダラダラ過ごしがちになるのを避けることができます。

寝る時も、昼間と同じ格好をしていては、気分の切り替えがうまくできません。ですので、ダラダラと時間を過ごしてしまいがちになります。

パジャマに着替えることで、「そろそろ寝よう」と脳に無意識下で指令を送っているような状態になり、体も徐々に眠くなってくるわけです。

パジャマは洗濯してますか?

同じパジャマを何日間も連続で着続けることはおススメできません。

睡眠時は、体や脳を休めている時間だからといって、じっとしているわけではないですからね。

無意識のうちに、寝がえりは何度も打っています。当然汗もかきます。汗や湿気を吸ったパジャマを連続で使用し続けることは快適感を損ないます。

普段着る洋服と同じように、適度に洗濯をして、清潔な寝間着を着用して寝ることを習慣にしましょう。



スポンサーリンク


締め付ける下着はNG

女性は、夜寝る時に体を締め付けるような下着をつけない方が良いといわれています。

締め付けることで体を圧迫してしまい、それが小さなストレスとなり、睡眠を邪魔してしまいます。

更には、ブラを一日中つけている女性は、乳がんになる可能性が高いともいわれています。

ブラの締め付けは、血流に悪影響を及ぼします。それが原因で発がん性のある毒素が、溜まってしまうのが原因のようです。

夜寝る時は、ブラをつけないようにするか、締め付けの緩いブラにした方が良いでしょう。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.