知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

睡眠

ノンアルコールビールを飲むと良く眠れる理由。快眠をもたらすGABAとホップ

投稿日:

夜にビールを飲むのが習慣になっている人で、不眠症だという人は、ノンアルコールビールを飲むことをおススメします。通常のビールですと、アルコールが入っていますので、どうしても睡眠の質を下げてしまいます。

しかし、ノンアルコールビールであれば、睡眠にも良い効果が期待できます。

アルコールは寝つきを悪くする

アルコールは寝る前に飲まない方が良いです。どうしても飲みたい場合は、寝る3時間前にした方が良いとのこと。けっしてたくさん飲んではいけません。

アルコールは睡眠の質を下げてしまいますし、利尿作用により、夜中におしっこに行きたくなりやすくなるので、睡眠の質が浅いものになってしまいます。



スポンサーリンク


ノンアルコールビールを飲むと良く眠れる理由?

アルコールは寝る前に飲まない方が良いです。どうしても飲みたい場合は、寝る3時間前にした方が良いとのこと。けっしてたくさん飲んではいけません。

アルコールは睡眠の質を下げてしまいますし、利尿作用により、夜中におしっこに行きたくなりやすくなるので、睡眠の質が浅いものになってしまいます。

GABA

寝る前に飲むならノンアルコールビールが良いといわれています。ノンアルコールビールを飲むと良く眠れる理由は、ビールの主成分であるGABAが良いとのこと。

GABAはアミノ酸の一種。睡眠前にGABAを摂れば、アドレナリンを抑制し、脳の興奮を抑えてくれるので、心地よくリラックスすることができるようになります。GABAは癒しにはもってこいの成分であり、快眠に良い効果をもたらしてくれます。

GABAは、サプリメントでも摂ることができます。ビールの苦い味がダメって人は、サプあリでの摂取をおススメします。

GABAは、チョコレートでも摂取可能です。しかしチョコによってはカフェインが含まれているものもあるので、成分表示で必ず確認しましょう。カフェインが入っているものは、もちろん睡眠前には摂らない方が良いです。

GABAは、トマトにも含まれています。ノンアルコールビールでレッドアイを作ったら、よりGABAを多く摂ることができますね。

GABAは他にも、

ジャガイモ
ナス
かぼちゃ
発芽玄米
ぬか漬け

などから摂ることができます。 

ホップ

ノンアルコールビールにはホップも含まれています。ホップは、ビールの苦みや香りつけに用いられる食物でハーブとしてとても優秀なもの。

イライラした気持ちを静めてくれる鎮静作用が期待できます。さらにホップには肥満を抑制してくれる効果も期待できるとのこと。

ノンアルコール

ノンアルコールビールには、アルコールが入っていません。ですので、アルコールに睡眠を邪魔されるってことがなくなるわけです。

しかしノンアルコールビールによっては、多少のアルコールが含まれている製品もありますので、成分表示を良く確認しましょう。

サントリーのオールフリーというノンアルコールビールには、一切アルコールは含まれていません。オールフリーなら一切アルコールは入ってないので、飲んだ後の車の運転も可能であるとのことです。



スポンサーリンク


どのくらい飲めばいい?

ノンアルコールビールが良く眠れるようになるからといっても、飲み過ぎてしまってはいけません。たくさん飲み過ぎると、おしっこに頻繁に行きたくなってしまうからです。

一杯か2杯程度くらいで留めておいた方が良いでしょう。



スポンサーリンク


-睡眠

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.