知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

朝シャンは薄毛の危険大?!悪いといわれる理由は?やるならアミノ酸の低刺激シャンプーで!

更新日:

朝にするシャンプー=朝シャン。朝に元気のスイッチを入れるためにする人や寝癖を直すためにする人、夜にお風呂に入れなかったからする人と、朝シャンする理由はいろいろあると思います。

シャワーで髪や頭皮をきれいにする行為なんだからいいことだと思いがちですけど、「朝シャンが頭皮に悪い?」とか「薄毛の原因になる?」なんておっしゃる人もいます。

そこで、
「朝シャンって頭皮に悪影響?」
「朝シャンの何がいけないの?」
「シャンプーするなら朝と夜どっちがいいの?」
などなど気になるところを調べてみました。



スポンサーリンク


朝シャンのデメリット

いきなりですが朝シャンは頭皮に悪影響を及ぼします。朝シャンのデメリットをまとめました。

 バリアがなくなり保護できなくなる

頭皮にはある程度の皮脂が必要です。なぜなら皮脂がバリアの役割を果たしてくれるから。皮脂があることで紫外線や雑菌などの外部の刺激などから守ってくれるわけなんです。

しかし朝シャンをすると、ゴソッと皮脂がなくなるので、頭皮に全くバリアがなくなってしまう状態になります。皮脂が回復するのはかなりの時間を要します。皮脂が回復してない状態で外出してしまうと、空気中の雑菌やらバイ菌やらが頭皮に付着しやすくなって、頭皮の皮膚炎の原因になってしまったり、頭皮から嫌な臭いを発生させることに繋がったりもします。

皮脂のバリアがない状態で紫外線を浴びてしまうと、直接的に頭皮にダメージを与え、それが蓄積してしまうと髪が抜けやすくなってしまい薄毛になります。

 すすぎがしっかりできない

仕事のある朝に朝シャンをやる時は、どうしても時間がない場合が多いですよね。朝シャンを急いでやってしまうことでシャンプーのすすぎがしっかりできてないこともありがちなこと。そうすると毛穴にシャンプーの薬剤が残ってしまいます。

すすぎ残されたシャンプーは頭皮で酸化してしまい、その汚れが毛穴をふさいで、毛穴や頭皮や毛根にダメージを与えます。これらが原因で髪の毛の発育に支障をきたし、薄毛に繋がったり抜け毛の原因に。

更にいうと、急いでシャンプーするため、頭皮をゴシゴシ力強く洗うことで、頭皮に傷がついてしまい、新しい毛にダメージを与えることになり、それが抜けてしまったりもします。朝シャンで元気な毛が生えるのを邪魔してしまう可能性も高くなるといえるのです。

 夜シャンプーしなくなる

朝シャンが習慣になっている人にありがちなのが、「どうせ朝起きてシャンプーするから夜はシャンプーしなくてもいいや」と考えて汚れた頭皮のまま夜寝てしまうこと。

汚れた頭皮のまま寝てしまうと、1日の間で付着した頭皮の汚れが毛穴に残ったままになって、夜寝ている間に新しく生成される元気な細胞が作られるのを邪魔してしまいます。



スポンサーリンク


 洗い過ぎが薄毛に繋がる

朝にシャンプーして更に夜シャンプーしてる人は危険です。頭皮の洗い過ぎは薄毛の原因に。

頭皮を必要以上に洗い過ぎると脳は頭皮に皮脂を分泌するように命令します。

なぜなら皮脂は頭皮を守る役割を担っていて、その皮脂がなくなると頭皮にダメージを受けやすくなってしまうから危険だと判断して、脳は頭皮に皮脂を分泌するように命令するわけですね。

その結果、頭皮に皮脂が過剰に分泌されて、頭皮の常在菌が繁殖しすぎてしまい、頭皮に存在する菌のバランスが崩れてしまいます。

それが原因で頭皮が炎症を起こしたり、様々なトラブルが発生してしまいます。

頭皮がトラブルを起こしてしまうと、血行不良にも繋がります。

更に先ほどいった皮脂の過剰分泌に栄養が奪われてしまい、新しく太い毛を育てるための栄養が頭皮に回らなくなってしまい薄毛になってしまうというわけなんです。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.