知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

冬の高齢者の入浴時間は短い方が良い理由。長風呂は熱中症の危険アリ

投稿日:

高齢者が入浴する時間はどのくらい?

高齢者がお風呂に入る時の入浴時間は、41℃以下のお湯で10分までにした方がいいといわれています。

体温以上の温度の湯に長時間つかることはとても危険です。その理由は熱中症になりやすくなってしまうからです。

熱中症は夏だけにかかる病気ではありません。冬にお風呂に入っている時にも熱中症にかかってしまうといわれています。

冬になると熱いお湯で体を温めたいので、長時間お風呂につかりがちですが、それは危険な行為ともいえます。

冬の長風呂は熱中症になりやすい

高齢者は、若い人と比べると、のぼせを感じにくくなるといわれています。のぼせは、言い換えるなら軽い熱中症のような状態です。

若い人であれば、のぼせることでお風呂から上がり、意識を失う前に危険を避けることができます。

しかし高齢者は、先ほどもいったように、のぼせを感じにくいので、お風呂の湯で体温が上昇してしまっても、変化に気づくことができません。

体温が上昇し続けて、熱中症になり、それを回避する前に、お風呂の浴槽で意識を失ってしまい、最悪の場合、死に至るケースにも繋がります。



スポンサーリンク


お風呂に入る時は時間を測る

お風呂場には、入浴時間を測るために時計を置きましょう。自分がどのくらいお風呂に入っているのかを意識するには、時計で時間を測るのが一番です。

湯船につかる際には、長時間の漬かり過ぎに注意しましょう。

家族と同居してる高齢者の方の対策

家族がいる高齢者の方は、お風呂に入る前にキッチンタイマーなどで入浴時間を測ると良いでしょう。

10分と決めてタイマーが鳴ってもお風呂から出てこない場合は、家族が声をかけてあげることで危険を回避することができます。



スポンサーリンク


おひとりで生活している高齢者の方の対策

おひとりで生活している高齢者の方の対策方法は、最初にもいったように、41℃以下のお湯で10分までと決めて入浴しましょう。

お風呂に入る時は、必ず時間を測って、長風呂につかり過ぎないように注意することです。

また湯船につかる際には、お湯の栓に近いところでつかりましょう。もし意識障害が起きてしまった時でも、お湯の栓を抜くことさえできれば、溺れて大事故に至ることを防ぐことができます。

高齢者の入浴事故は年々増えています。入浴中に違和感を感じることがあった場合は、すぐに湯船からでるようにしましょう。

お風呂に入ることで血流が活性化され、体全体が急激なスピードで温まります。それと共に、お湯の水圧で血圧があがり、心拍数も上昇します。

冬の高齢者の入浴は、思っている以上に体に負担をかけてしまうものです。無理しないように、温度と時間を決めてお風呂に入りましょう。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.