知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

温泉に入りながらお酒を飲むデメリット。飲酒後のお風呂が危険な理由

投稿日:

脱水症状

アルコールを飲むと頻繁におしっこがしたくなります。それはアルコールに利尿作用といって、おしっこの量を増やし、おしっこが出ることを活発にさせる働きがあるからなんです。

人間の体には、おしっこが出るのを抑えてくれる「抗利尿ホルモン」と呼ばれるものがあります。これが働いてくれることで、体内の水分量を安全に保つことができています。

しかしアルコールが、体内に入ることで、この「抗利尿ホルモン」の働きが抑えられてしまいます。つまりおしっこが出やすい状態になり、余計に体から水分が出ていってしまいます。

アルコールに反応しておしっこが出てしまうということは、体内へ余分に取り込んだ水分だけを排出してしまうだけでなく、血液中に蓄えられた水分も出ていってしまう恐れがあります。

これが原因で脱水症状になります。脱水症状になることで、体内の水分が少なくなり、アルコールを分解する能力も落ちてしまいます。つまり、悪酔いしたり、気持ち悪くなったり、二日酔いになりやすくなるというわけです。

お風呂に入りながらお酒を飲むことは、これにプラスして、汗をかきやすくさせてしまい、余計に脱水症状を悪化させることになってしまいます。

吐き気やまめい

お風呂に入ることで、体が温まり、血行が良くなります。お風呂に入りながらお酒を飲んでしまうと、さらに血行が良くなるので、アルコールが全身に周るのも早くなります。

急に酔いがまわることで、吐き気やめまい、頭痛などを起こしてしまい体調が悪くなる危険性もあります。



スポンサーリンク


不整脈

飲酒しながらの入浴、または飲酒後の入浴は、血圧が変化しやすくなります。不整脈が起こりやすくなるわけですね。これが原因で、脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまう危険性も否めません。

血圧の変化が原因で、めまいや立ちくらみを起こし、転んで怪我したり、命に関わる事故に繋がることも珍しくはありません。

体温変化に気づきにくい

お風呂に入っていると、お湯の温度のせいで、自分の体温の変化に気づきにくくなります。更にお酒を飲んだらどうなるでしょうか?お酒を飲んで酔っ払うことで、更に自分の体温の変化には気づきにくくなります。

自分の体温が急激に上がってしまうことで、のぼせたり吐き気やめまいに繋がる危険性も高くなります。浴室内で転倒したり、湯船で溺れてしまうなどとても危険です。



スポンサーリンク


お酒を飲みながらの入浴は危険

お酒を飲みながらの入浴は危険です。そして、入浴後すぐにお風呂に入ることも危険なのはいうまでもありません。

温泉に入りながらお酒を楽しみたい気持ちもわかりますが、酔った状態で温泉に入ることで、事故に繋がり、周りの人にも迷惑をかけてしまうことになるかもしれません。下手したら命を失う危険性もあります。

お酒を飲む前に温泉を楽しむ、お酒を飲んだら数時間休憩してから温泉に入るようにするなどして下さい。お酒に酔って具合が悪いようなら次の日にお風呂に入るようにしましょう。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.