知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

お酒を飲んでも吐かない方法。なぜ吐き気がするの?悪酔いしない対策や吐いた後の対処法

更新日:

なぜ酔うと吐き気がするの?

なぜお酒を飲むと吐き気がしてしまうのでしょうかそれはお酒の中に含まれているアルコールが、体内で分解されることで発生するある物質が原因となって、吐き気を引き起こしてしまうからです。

そのある物質とは「アセトアルデヒド」です。「アセトアルデヒド」は、血液中のアルコールが、肝臓で酵素によって分解されることで発生します。

アセトアルデヒドは悪者

「アセトアルデヒド」は、有害物質です。体の中にいると悪さばかりします。「アセトアルデヒド」が原因で吐き気がしたり、頭痛が起きたりします。「アセトアルデヒド」が分解されずに体内に居続けることで二日酔いにもなります。「アセトアルデヒド」は悪者なので、悪酔いしないようにするためにはこいつの存在を無視することができません。




スポンサーリンク


アセトアルデヒド脱水素酵素は正義の味方

先ほど説明した「アセトアルデヒド」は悪者です。それをやっつけてくれる正義のヒーローが「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」です。

アルコールを飲んでも、「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」が活発に働いてくれて「アセトアルデヒド」をすぐにやっつけてくれれば、悪酔いはしません。つまりお酒に強い人は、体内の、「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」が活発に働きやすい人なんです。

しかし、「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」は、遺伝により決まっていて、簡単にそれを活発にしたりすることができないんです。

日本人の多くは酒に弱い

日本人の多くの人は、生まれつき「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」が活発に働かないタイプだといわれています。

お酒を飲むことで発生する悪者「アセトアルデヒド」をやっつける正義のヒーロー「ALDH」が体の中で活発に働いてくれないのに、どんどんお酒を飲んでいたら、悪者である「アセトアルデヒド」が、体内でどんどん増えていってしまいます。

そして、悪者である「アセトアルデヒド」は、脳にある吐き気を起こすスイッチをジャンジャン押しまくりますだからお酒に弱い人は吐き気がしてしまうわけです。

顔が赤くなりやすい人はお酒に弱い?

お酒を飲むとすぐに顔が赤くなってしまう人がいますよね。それと反対にお酒を飲んでも顔が赤くなりにくい人もいます。この差は生み出しているのが正義のヒーロー「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」だといわれています。

お酒を飲んですぐに顔が赤くなってしまう人は、正義のヒーロー「ALDH」が活発に働かないので、悪者である「アセトアルデヒド」が血液中にたくさん流れ出てしまうんです。それが原因で血管が大きく広がり、血流も良くなり顔が赤くなってしまうわけです。

お酒を飲んですぐに顔が赤くなりやすい人は悪酔いする可能性も高いので、無理にお酒を飲ませるのは止めておいた方がよいでしょう。



スポンサーリンク


対策・対処方法

お酒を飲んでも吐かないようにするためにできる対策と、お酒を飲んで吐いてしまった時の対処方法をご紹介します。

酒を飲む前、飲んでいる時にできる対策

牛乳

お酒を飲む前に、牛乳を飲むことで胃にバリアができて、アルコールの吸収を抑えることができるということは聞いたことがあると思います。

しかし、アルコールの分子というものはとても小さいもので、牛乳でできたバリアのすき間を通り抜けてしまいますアルコールの吸収を抑えることは残念ながらできないようです。

それよりも効果が期待できるのは、アルコールの刺激で胃の中の壁がめちゃくちゃにされるのを和らげるということです。

お酒を飲む前に、脂肪分が多く含まれている牛乳を飲むことでバリアができ胃の粘膜が守られるといわれています。こうすると胃の壁をアルコールの刺激で痛めつけられるのは防ぐことはできますお酒を飲む時に、食べ物をあまり食べない人ならこの方法も間違いではないといわれています。

空腹時にお酒をガンガン飲むのは良いことではありません。胃の中に何もない状態だと、アルコールを吸収するスピードが速くなり、酔いがまわりやすくなるからです。

しかし、お酒を飲む時に、から揚げや肉などの食べ物をたくさん食べてしまう人には、体への負担を増加させてしまいます。なぜなら、食べ物と牛乳を摂ることで、全体的に高脂肪を摂取することになるからです。

飲みながら食べ物をたくさん食べるという人は、牛乳や乳製品を飲む前に食べるのは、かえって体に負担をかける行為になるかもしれませんので注意が必要です。

水をたくさん飲む

お酒に酔って吐かないようにするためには、水をたくさん飲むことです。水分を補給して、血液中にあるアルコール濃度を下げるようにしましょう。

お酒と一緒にチェイサーを頼んでおいて、お酒以上に水を飲むことで酔って吐くことを防ぐことができます。

なお、あまり冷たい水ばかり飲んでいるとおなかを下すかもしれないので、お冷を注文する時は、「氷なしでお冷下さい」と頼みましょう。

水以外でも、スープやソフトドリンクなどを頼んでもOKです。自分がどのくらいアルコールを飲むと吐き気がしてしまうのかを、ある程度知り、お酒以外の飲み物も飲むようにすることで吐き気は起こらなくなります。



スポンサーリンク


ウコンは効果あるのか?

ウコンを飲むことで必ずしも酒に強くなるとはいえません

「飲むことで効果があるかもしれない」程度の認識で留めておいた方が良いでしょう。

ウコンに含まれる「クルクミン」という成分が様々な効果を発揮したのは動物に対しての実験だけだといわれています。

人間も動物と同じように効果があったわけではありません。つまり効果がある人もいれば、全く効果がない人もいるってこと。

ウコンが入っている「ウコンの力」のCMやホームページをみてもお酒に強くなるとは一言も書いてありません。

「いつもの1本」
「甘さスッキリ」
「ここぞの時に」
「リッチなおいしさ」
「飲んでいこう」
「携帯に便利」
「明日の元気をサポートします」

といったことは書いてありますが、お酒を飲むシーンを連想させているだけです。

星野源 Drinking Dance ウコンの力 CM 15秒バージョン
10/5発売の星野源 Drinking Dance。早く公式のMV観たいですね。

星野源 Drinking Dance ウコンの力 CM 15秒バージョン

 

ウコンを飲むことで必ずお酒を吐かない状態になるわけではないので、気休め程度にウコンを飲む程度に考えて、「効果があったらラッキー」と捉えればよいのではないでしょうか。

お酒を飲んで吐かないようにするためには、お酒を飲み過ぎないことです。



スポンサーリンク


酒を飲んだ後にできる対策

水分摂取

お酒を飲んでいる時も、お酒を飲んだ後も水分をたくさん摂取しましょう。とにかく水分をたくさん摂って、アルコールやアセトアルデヒドを体の外に出すようにしましょう。

おしっこも我慢する必要はありません。どんどん水分を摂って、おしっこを出しましょう。

吐いてしまった時の対処法

吐き気がする時は、我慢せずに吐いた方が良いです。吐き気がするということは、体が悪いものを外に出そうとしているシグナルです。無視するのではなく、それに従いましょう。

吐いてしまったことで、ゲロと一緒に胃液が食道を通過してしまいます。この時、消化力の強い胃液は、食道の粘膜を溶かしてしまい、食道が荒れてしまう恐れがあります

食道は、胃のように多くの粘液によるバリアがあるところではありません。これを避けるためには、水を飲みましょう水を飲むことで、食道粘液を胃液が溶かすことを抑えることができます。

ただし、水を飲むとすぐに吐き気が襲ってくる可能性もありますので、トイレの近くにいたり、バケツや袋を近くに置いていた方がよいでしょう。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.