知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

未分類

ライブチケット高額転売は違法なのか?

更新日:

国内を代表する4つの音楽団体や116のアーティストが共同に発表したコンサートチケットを高額な値段で転売することに反対する共同声明が話題になっています。

嵐やサザン、AAAなど超人気アーティストが高額チケット転売に反対しています。

横行する高額転売

高額チケット転売に反対の声明を発表した要因はコンサートチケットの高額転売の横行による被害があります。

例えば人気コンサートのチケットを大量に仕入れた人物が値段を釣り上げて、それを求めている人に転売をします。

その転売したときの値段が元のコンサートチケットの値段よりも10倍跳ね上がったなんてケースもあったようです。

これによって高いチケットを購入した人たちは、経済的負担が増加してしまい、他のアーティストのコンサートを楽しむ機会が奪われてしまったり、アーティストのグッズを買う機会が奪われてしまったりしています。

さらに転売をする業者や個人の人たちがチケットを大量に買うことで熱心なファンにチケットが行き渡らない。

このような状況に、コンサート離れの危機感を感じていると言うようなことがあり今回の共同声明につながったといえます。

コンサートのチケットは完売してるにもかかわらず、実際コンサートの会場で空席が見られるというのは、転売業者や転売目的として購入した人達が買い占めたチケットをさばききれなかったことで生まれた現象だったのです。

高額転売は法律的にはどうなのか?

チケットの高額転売というのは法律的にどこまで許されるものなのでしょうか。

急遽行けなくなったコンサートのチケット知り合いに定価の2倍で転売するのは法律的にはどうなんでしょうか?

なんとこれは法律的には違法ではありません。これは値段ではなくて購入の目的がポイント。

もともと転売目的として購入されたチケットではないため法律的には違法とはみなされない確率が高いというわけなんです。

自分がこのコンサートに行きたいと思って買っているのでってところが重要です。

転売目的でネットでコンサートチケットを購入して100枚オークションで転売した場合は法律的にはどうなるのでしょうか? 

なんとこれも法律的には違法にはなりません。

東京都の迷惑防止条例によれば、禁止されている行為は
①転売目的で公共の場で購入
②公共の場で他者に転売

コンサートチケットを路上やコンサート会場で売るようなダフ屋行為は確実にアウト。
しかしインターネット上を公共の場とは言い切れないため無法状態となっているのです。

公共の場というのはいろんな人が自由にアクセスできる場ということなので、インターネット上でもアウトなのではないかと思うのですが、迷惑防止条例が制定された時にはまだインターネットがそれほど普及していなかったためこのような状態になっているといわれています。

今後はインターネットの認識次第で変化していくかもしれませんし、インターネット上での転売行為も検挙されるかもしれません。

2016年、今現在ではチケットの高額転売を取り締まる即効性のある法律ができてないのが現状です。



スポンサーリンク


アーティスト側の対応

高額チケット転売問題に対してアーティスト側は最新技術で独自の対策をしています。

 顔認証システム

顔認証システムとは、チケット購入前に顔写真を登録してコンサート会場で本人の顔と照合させ入場を規制しています。

現在は照合率が96%にものぼる機械があるようです。かなり高性能ですよね。

現在は福山雅治、Mr.Childrenのライブでも使用されています。このシステムを導入するにはかなりのお金がかかりそうです。

先ほど照合率が96%といいましたが、NGだった4%の人は身分証明書などで身分を確認して、それがOKなら入場できるということです。

この顔認証システムのデメリットは、入場までの時間が大幅に増えてしまうということです。それに入場口で対応するスタッフも大変です。



スポンサーリンク


 スマホで確認

携帯電話で対策しているアーティストもいます。

コンサートチケットを購入した際に登録した携帯電話本体でなければ入場不可となってしまう方法です。

こちらのデメリットとしてはスマートフォンのみでしか対応してないということ。

スマートフォンを持っていない人はライブやコンサートに参加できない状態となっています。

こちらはコブクロや2016年に復活したイエローモンキーなどのライブで使用されました。

インターネット上では法規制が不十分ですぐには取り締まれない高額チケット転売問題ですが、アーティスト側でも様々なシステムを取り入れてよりファンの人の負担を減らす試みを実施しています。
今後どのように改善されいくのか注目していきたいです。



スポンサーリンク


-未分類

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.