知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

映画・動画

映画「シンゴジラ」が大人に人気の理由とは?ゴジラ女子?水ドン?

更新日:

2016年7月29日に公開され12年ぶりの日本版ゴジラの復活で話題になっている映画「シンゴジラ」が大ヒットしています。いろんな芸能人の方々が絶賛していますね。

公開から約1ヶ月で興行収入が48億5,000万円、観客動員数が330万人を記録しています。

【早期購入特典あり】シン・ゴジラ DVD2枚組(シン・ゴジラ&初代ゴジラ ペアチケットホルダー付き)

新品価格
¥3,694から
(2017/1/9 18:51時点)

S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア

新品価格
¥20,800から
(2017/1/9 18:52時点)

シンゴジラの魅力はとにかくリアル

シンゴジラは子供よりも大人に人気があるといわれています。シンゴジラの魅力はとにかくリアリティを追及しているところ。

街を破壊するゴジラを攻撃するために政治家たちが様々な段取りや許可をとらなくてはならないという現実にあるシーンが描かれています。

あたかも現実にありそうなやり取りのシーンは何がヒントになっているのでしょうか。

その秘密はエンドロールにありました。取材協力の欄には小池百合子都知事と、民進党の枝野幸男議員の名前が載っています。

なぜこの2人なのかというと小池百合子東京都知事は、元防衛大臣、枝野幸男議員は東日本大震災当時官房長官として対応した経験を持つことから真剣にゴジラ対応の取材に応じたと言われています。

映画に出演していた長谷川博己さんはこんなコメント。

「こだわりだらけじゃないかなという気がした」

竹野内豊さんは
「台本をいただいた時まず分厚さ・重さ。そして活字の膨大な量がすごかった」

石原さとみさんは「ものすごい緻密さでした」
というようにシンゴジラは役者のセリフがとても長いです。

なんとシンゴジラの台本は、通常の2時間映画の台本の分厚さが0.8センチといわれていますが、シンゴジラの台本は1.3センチの厚さでおよそ1.6倍。

専門用語を交え早口でしゃべってやりとりする特徴を見本にしたためセリフが増えてこの台本の厚さになったと言われています。

ゴジラが口から光線のようなものはき都心を火の海にするシーンでは、テロップで具体的な地名を表記することで、よりリアル感を出す工夫がされています。

テロップで地名を表記することによって映画の世界が、まるで現実であるかのように思わせて恐怖心を煽っているわけなんですね。

ゴジラの今までのシリーズでは東京や大阪などの大きな地域で都市名を表記していたのだそうですが、ここまで細かく場所をテロップで表記するというのが初めての試みだったそうです。



スポンサーリンク


ゴジラ女子

ゴジラ女子とは顔面がゴジラみたいな女子ではありません。

シンゴジラの女性限定鑑賞会のチケットがわずか3分で売り切れるなどして、通常の怪獣映画では無いほど女性の間でもシンゴジラが話題になっています。



スポンサーリンク


ゴジラ女子に話題の水ドン

ゴジラ女子の間で話題になっているシーンがあります。

それが水ドンといわれているシーンで、ゴジラが襲撃してきて冷静さを失った長谷川博己さん演じる政治家に対して仲間である松尾諭さん演じる泉修一がとった行動のシーンです。

500mlのペットボトルの水を胸にドンッと当てて「まずは君が落ち着け」といって渡すみたいなシーンです。

ゴジラ女子の間でとっても話題になってる印象的なシーンでした。

とにかくかなり情報量が多い「シンゴジラ」の魅力は簡単には語ることができません。

まだ観てない人は、実際に一度映画館の大画面で迫力ある映像を観て、後でブルーレイなんかで細かいところを2度楽しむなんて楽しみ方もありなのではと思います。



スポンサーリンク


-映画・動画

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.