知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

映画・動画

このセカ現象とは?「この世界の片隅に」を絶賛する芸能人&有名人。主人公の声を担当したのはのん(能年玲奈)

更新日:

映画『この世界の片隅に』予告編
「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。監督にテレビアニメ「BLACK LAGOON」シリーズや『マイマイ新子と千年の魔法』などの片渕須直、アニメーション制作にテレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPAが担当。市井の生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。 (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 作品情報:

映画『この世界の片隅に』予告編

「この世界の片隅に」とは?

2017年1月10日に発表された、第90回キネマ旬報ベストテン。そこで日本映画の1位を獲得したのが、アニメ映画である「この世界の片隅に」でした。

キネマ旬報ベストテンとは、1924年に始まった歴史のある映画賞で、「この世界の片隅に」は「となりのトトロ」以来、28年ぶりのアニメ映画での1位を達成しました。ちなみに2016年に大ヒットした「君の名は」は10位圏外でした。

このアニメ映画で主人公の声を担当したのが、能年玲奈から芸名を改名した「のん」さんでした。

「この世界の片隅に」は、2016年11月に全国63館でのスタートだったのですが、現在ではおよそ3倍になる190館で上映するにまで拡大しました。

興行から、10週間が経過しているにも関わらず、週末の興行ランキングでは、10位から8位に上昇し、観客動員数も100万人を突破しました。

原作は?

原作は広島県出身の漫画家である、こうの史代さんの作品である「この世界の片隅に」です。

アニメ映画「この世界の片隅に」は、原作マンガと全く同じ柔らかい絵のタッチにCGで演出したような激しい戦争シーンが加わる、心揺さぶる戦争映画になっています。

おはよう日本「この世界の片隅に」特集
2016年10月19日、NHKおはよう日本で「この世界の片隅に」の特集が放送されました。NHKの朝の番組に戻って来たのんちゃんをはじめ、片渕監督、こうのさん、被爆者のみなさんなど、この作品に関わった多くの関係者の思いの強さに圧倒されます。

おはよう日本「この世界の片隅に」特集

【必見】町山智浩 映画「この世界の片隅に」 ネタバレ無しでご紹介
町山智浩 2016年映画 ベスト10発表 たまむすび

【必見】町山智浩 映画「この世界の片隅に」 ネタバレ無しでご紹介

「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓

「この世界の片隅に」映画のプロたちが大絶賛 有村昆の本音でシネマジャッジラボ

このセカ現象とは?

「このセカ現象」とは、アニメ映画「この世界の片隅に」を観た人が、映画に登場した風景を訪れたり、ロケ地マップを手に入れる現象といったところでしょうか。

東京の中央区にある広島ブランショップTAUには、アニメ映画「この世界の片隅に」のロケ地マップを求める人が急増しています。

このロケ地マップは、アニメ映画「この世界の片隅に」の監督である片渕須直監督らが作成したもので、2017年の1月9日から配布を開始したところ、大人気になっているといいます。

ロケ地マップをもらいに来た人の中には、「広島に今年のうちに一度行くんじゃないか」といっている人もいました。

映画に登場した風景をひとめみようと広島市や呉市を訪れる人も多いといいます。

片渕須直監督はこう語ります。
「本来だったら、映画製作が終わったら、何もしなくてもいいはずだったんですけど、こんなに忙しくなるとは思わなかったですね。」



スポンサーリンク


クラウドファンディング

アニメ映画「この世界の片隅に」を最後まで観ると、エンドロールにスタッフの人以外の名前がたくさん出てきます。それは、一番最初に作る時のお金を、クラウドファンディングで一般の人からお金を集めたからなんです。映画を作る資金集めに協力してくれた人の名前がエンドロールで流れているってわけですね。

クラウドファンディングとは、不特定多数の人が、インターネットを経由してお金を集めて、人や組織に財源を提供や協力をする手法ですね。

更に今、新たなクラウドファンディングを行っているようです。世界各地で上映が決まったことにより、監督さんの渡航費や滞在費である1000万円が欲しいとお願いしたところ、もうすでに3倍以上である、3000万円以上のお金が集まっています。



スポンサーリンク


有名人も絶賛

大久保佳代子

大戦の中の日常が押しつけがましくないぶん、グッとくるなぁ。

ゴールデンボンバー歌広場敦

3回目だけど、今回が一番感動した~!「観る前と観た後で違う自分になる」を経験したよ。

水道橋博士

生涯でベストのアニメーションです。

コラムニスト深澤真紀

この数年のベストワン。しばらく立てなかったですし、見終わった後に「のん」さんの演じたすずさんがずっと生きてるような気がしている。原作のマンガも素晴らしい。観ない人は損としかいいようがないです。毎日を生きるってことがこんなに伝わってくる映画はないです。素晴らしいです。 

伊集院光

いいもん見せてもらったなと思った。(戦争映画なので)怖わくもなったけど。みんながいいというものはいいものなんだなというスタンスになった。

南海キャンディーズ山里 亮太

ラサール石井



スポンサーリンク


-映画・動画

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.