知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

【あさちゃん】スマホ老け顔やスマホ二重あごの原因と対策方法。スマホ顔を防ぐストレッチ。確認する方法とは?

投稿日:

若いのにほうれい線が出てきて老けて見えるスマホ老け顔

痩せているのに二重あごになってしまうスマホ二重あご

これらの、スマホ老け顔やスマホ二重あごになっている人がいま急増していると話題になっていると、2017年1月25日の「あさチャン」で報じられました。

今回は、スマホ老け顔やスマホ二重あごの原因や対策をご紹介します。



スポンサーリンク


スマートフォンの使い過ぎでスマホ病に

スマートフォンを見すぎることで老眼に似た症状が現れることをスマホ老眼といいます。

肩が内側に丸まった状態のまま、スマートフォンを使い続けることで肩こりの原因になってしまうことをスマホ巻き肩といいます。

現代病と言われているスマホ病は、この2つだけではありません。

スマホ顔とは?

若いのにほうれい線が出てきて老けて見えるスマホ老け顔や、痩せているのに二重あごになってしまうスマホ二重あごが、スマートフォンを使う若い人の間で急増しているといわれています。

スマートフォンの使い過ぎで、二重あごになってしまったり、老け顔になってしまうことを、スマホ顔といいます。スマートフォンの使い過ぎで劣化してしまった顔のことですね。



スポンサーリンク


渋谷にいる若者にもスマホ顔が多い?

渋谷にいる20代の女性の中にも、二重あご気になっちゃう人がけっこう多く見受けらるといわれています。

1日中時間以上スマートフォン使うヘビーユーザーの女性は、

「首にしわが出来たてヤバイなって思って上向いたりしています。将来心配になります。」と語ります。

「暇な時間はずっとスマホを触ってます。」
と、答えた細めの女性。彼女もスマホ二重あごになってしました。

スマホの見過ぎで老け顔になってしまうのは嫌ですよね。

スマホ顔の原因

スマホ顔の原因になるのは、スマートフォンの使用時間よりも、むしろ、スマートフォンを使っている時の姿勢が影響するといわれています。  

美容外科の高瀬医師はこのように答えています。

「下を向くことによって、顎の広頚筋(こうけいきん)が緩む。それによって首の筋肉の緊張感がなくなって二重あごになることが考えられます。」

本来ピンっと張っている広頚筋(こうけいきん)と呼ばれる、首の筋肉のひとつが緩むことで、二重あごにつながってしまうということなんですね。

さらにいうと、スマホを操作する時の姿勢が、肩よりも耳が前に出ることで、顎の筋肉が緩み、二重あごになってしまうことに繋がってしまうのだといわれています。

1



スポンサーリンク


スマホ顔を確認する方法

スマホ顔を確認する方法を説明します。

スマホを使っている時の状態の首の角度のまま、自分の顔を自撮りして下さい。

それが「10年後の自分の顔」だということがいわれています。

下を向いて撮影した時の自撮り写真と、正面を向いて撮影した自撮り写真を比べてみると、頬の肉がたるみます。ほうれい線もはっきり確認することができるようになります。確実に老けている顔を。確認することができると思います。

長い時間、下を向いてすまほーいじっている状態を継続していると、その状態が形状記憶されてしまい、トータル的にたるんでしまうといわれています。

そして、二重あご以外にも、ほうれい線が深くなったりして、老け顔になる可能性があることも指摘されています。

「ほうれい線は、溝として顔に刻まれてしまうので、例えば、それを時間を決めてリセットするような処置をとらないと。ずっと深く刻まれていってしまう」
、とスマホに詳しい宝田医師はいいます。

他にも、老け顔を確認する方法として、鏡を使った方法があります。手鏡があれば簡単にできる方法です。

手鏡を上のほうにあげて映った顔が10年前の自分です(見た目が良く見えるという意味で)

9

手鏡を正面にすると今の自分です

10

手鏡を下のほうに向けて映った顔が10年後の自分です

11

簡単にできるチェックですので、目安にして下さい。老け顔にならないようにするためには、どんな対策をしたらよいのでしょうか?続いてご紹介します。

スマホ顔の予防・解消方法

スマホ顔の予防・解消方法をご紹介します。

美容皮膚科の高瀬医師が簡単にできるエクササイズを教えてくれました。

①肩を開く
まずは肩を外側に開いた状態にする

2

②首の前の筋肉を意識して、斜め後ろに首の筋肉を伸ばします。そして同時に肩も伸ばします

3

4

こちらが真正面の姿勢ですね

5

斜め後ろに首の筋肉を伸ばします

6

真正面の姿勢に戻します

7

斜め後ろに首の筋肉を伸ばします

8
 

この動作を無理のない範囲で、1日20回ほど行うことがスマホ顔の予防・解消に良いということです。

このストレッチをおこない、ゆるんでいた首の筋肉を伸ばすことで

首の血行が良くなる
筋肉の位置を元に戻すことができる

など、二重あごやたるみを解消できる効果が期待できるといいます。

また、このストレッチをすることで、スマホ巻き肩を解消したりする効果を得られる可能性もあるといいます。

とても簡単なストレッチですし、しっかりやると肩甲骨も伸びてとても気持ちいいです。スマホを使いすぎて疲れていると感じた時は、リラックスするためにストレッチで首の筋肉を和らげてあげるとよいのではないでしょうか。

他にも、首のストレッチで参考になる動画をご紹介します。

ガッチガチの首・肩に効くぅ!「2分ですっきり」コリ解消体操
肩こりにお悩みの方はいらっしゃいませんか? 仕事をしている方も、子育て中のお母さんも、肩こりに悩まされている方は少なくないようです。肩こりの主な原因となる僧帽筋や胸鎖乳突筋などは頸椎周りに走っており、この筋肉を物理的に伸ばすことによって肩こり解消が狙えます。そこで、パーソナルトレーナーでもある小林麻利子が、肩こり対策のための頸椎を伸ばすストレッチをご紹介しましょう。動画を見ながら一緒にやってみてくださいね。『美レンジャー』の記事はこちらから↓

ガッチガチの首・肩に効くぅ!「2分ですっきり」コリ解消体操

首こり改善(ストレッチ不要)☆一瞬でやわらかく、リラックス効果も
首こり改善(ストレッチ不要)☆一瞬でやわらかく 【首こり対策オススメ動画】 ■首こりに3分イスヨガ

首こり改善(ストレッチ不要)☆一瞬でやわらかく、リラックス効果も

【5分で簡単ストレッチ】首・肩をほぐす方法
▼ニュースレター登録していただいた方に40分のヨガ動画プレゼント!ご登録はこちらから

【5分で簡単ストレッチ】首・肩をほぐす方法



スポンサーリンク


まとめ

今の時代、どうしてもスマホは使わなければいけません。

スマホ顔にならないようにするために、 スマートフォンの使い過ぎや、使う時の姿勢には充分注意して使うようにしましょう。

また、使い過ぎだと思った時は、ストレッチをして、首の筋肉を労わるようにしましょう。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.