知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

未分類

日本でコアラが見れなくなる?コアラが消える理由とは?原因はなに?天王寺動物園のコアラはいつまでみれる?

投稿日:

もしかしたら、動物園の人気者のコアラが日本で見れなくなるかもしれないということが話題になっています。

オーストラリアのアボリジニの言葉で「水を飲まない」という意味のコアラ。コアラが口にするのはユーカリの葉だけなんです。

コアラって贅沢な動物ですよね。でもそのユーカリの葉が日本の動物園の経営に大きな影を落としているといいます。

日本の動物園がコアラの飼育を断念せざるをえない理由とは何なんでしょうか。

天王寺動物園がコアラの飼育を断念

動物園で子供たちから大人気のコアラ。しかしこの愛くるしいコアラの姿が見られなくなる可能性があるといわれています。

天王寺動物園の牧園長はこのように語りました。
「動物園の将来計画を考えるときに、コアラ自体は撤退種と位置づけをしました」

大阪市で唯一コアラを見ることができる天王寺動物園が、現在飼育しているコアラのアークくん10歳を最後に、コアラの飼育を止めることを決定しました。



スポンサーリンク


コアラの飼育を断念する理由

コアラはユーカリしか食べないので、エサ代が非常にかかるという問題があります。

天王寺動物園は、コアラ1匹のエサ代になるユーカリの栽培に、年間約2,000万から3,000万円かかるといいます。

1

他の動物とのエサ代と比べてもその差は歴然です。

2位のクロサイの3倍以上の費用がかかってしまうのです。

コアラの餌代が、動物園の経営を圧迫してしまうので、飼育を断念せざろう得ないことになってしまうわけです。



スポンサーリンク


コアラのエサ代が高い理由

なぜコアラのエサ代は高いのでしょうか?

東山動物園の今西さんはこのようにコメント。

「コアラはユーカリであれば何でも食べるというわけではありません。コアラが食べるユーカリの品種は30ちょっとあるといわれていますが、その中でも個体ごと、あるいは日によって好みが違っていて、昨日まで食べていたからといって、与えてみると食べなかったりすることもあります」

寒さに弱く、育て方が難しいユーカリは、専門の業者による委託栽培で作られています。

多くの動物園は、ユーカリの生産や栽培を業者に委託していると言われています。 600種類あるユーカリのうち、コアラが食べるのが約30種類だといわれています。

しかし、同じ種類のユーカリを与え続けてしまうと、コアラはそれに飽きてしまい、絶えず数種類のユーカリを用意する必要があることから、 1匹あたりのコアラのエサ代が高くついてしまうのです。

繁殖が難しいコアラ

繁殖が難しいコアラは、簡単に飼育数を増やすことができません。

コアラは今、数自体が日本では50匹前後いるといわれています。

若いコアラもいますが、血統的に組み合わせができなかったり、血統的には良くても相性が悪かったりすると、なかなかコアラの数を増やしていくのが簡単では無いといわれています。

天王寺動物園のコアラはいつまでみれる?

天王寺動物園の牧園長はこのように語りました。

「今いるコアラのアークくんは、まだ中年ぐらいの年齢で、あと10年くらいは頑張ってくれると思っています。」

「コアラがいなくなるのは寂しいですが、長い目で見た時にはこれは仕方がないかなと思っています」



スポンサーリンク


東山動植物の試み

サイエンス作家の竹内さんはこのようにコメント。

「動物園というのは、税金で運営されているところも多いので、頭の痛い問題なんですが、面白い試みがあったのでご紹介したいんですね。」

「名古屋市の東山動植物なんですが、インターネットでユーカリの葉の栽培費用の寄付を呼び掛けたんですね。目標額が100万円だったんですが、実際には470万円集まったという実績もあるんですよ。」

「1万円を寄付するとですね、イベントの招待券をもらえる他に、コアラのふんを加工したつけしおりがもらえるといった特典もあるんですね。これが受験生に大人気なんだそうです。」

コアラのふんを加工したつけしおりは、

運がつく
落ちない

という、 2つの理由から人気があるようです。



スポンサーリンク


まとめ

日本の動物園で生のコアラを見れなくなるの
はとても残念なことです。

しかし、工夫次第では、コアラの飼育でネックとなるエサ代の問題を解決できるかもしれません。

今後の動きに期待したいところです。



スポンサーリンク


-未分類

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.