知りたいこと・気になることを調べたメモ

シリタイナ

健康

冬の朝にくしゃみがでるのは寒暖差アレルギーが原因?朝くしゃみが止まらない時の対策方法は?

更新日:

私は、冬になると朝の一定時間、くしゃみ連発で止まらない状態が続いていました。鼻水もダラダラでます。

同じようにお風呂に入って、上がった後も連続してくしゃみ、鼻水が出ていました。

ずっとこの原因がわからずにいたのですが、ようやくわかりました。その原因となっていたのが、寒暖差アレルギーだったのです。

今回は、冬に起こりやすい寒暖差アレルギーについてお伝えします。



スポンサーリンク


寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは、正式名称が血管運動性鼻炎(けっかんうんどうせいびえん)といいます。

なぜ寒暖差アレルギーが起こるのでしょうか。冬などは、気温の差が生まれやすい季節です。

そうすると、寒暖差によって、冷たい空気が鼻の粘膜を刺激し、自律神経のバランスが崩れてしまいます。それが原因となって、寒暖差アレルギーを発症してしまいます。

症状としては、

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり

などがあげられます。風邪や花粉症にも症状が似てるとも言えますね。

寒暖差が5分間で7度の温度差があった場合、寒暖差アレルギーが原因の、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが発症しやすいということがわかっています。

3度の温度差では、咳が出て喘息が悪くなる人もいますし、お風呂場などでは、10度の温度差があり、自律神経系に影響してしまい、

  • 心筋梗塞
  • 狭心症

などを発症する恐れがあるといわれています。

他にも、夏の熱い日に、冷たく冷えたクーラーの効いた車に乗るとくしゃみが止まらくなるのも、寒暖差アレルギーのひとつです。

冷たい空気によって、鼻水が出たり、くしゃみが出たり、咳き込んだりする人もいるといわれています。

温度差があれば、どんな人でも、どんな場所でも起こりうるのが寒暖差アレルギーなんですね。



スポンサーリンク


症状の違い

風邪や花粉症とよく似た症状の寒暖差アレルギーですが、見分け方はあるのでしょうか。

風邪ですと、微熱がありますし、ねばりけのある鼻水が出ます。

寒暖差アレルギーですと、鼻水はサラサラのものになるといわれています。

花粉症ですと、目にも症状が出るのですが、寒暖差アレルギーは目に症状はでません。

風邪だと思ってお医者さんにいった場合、もしかしたら寒暖差アレルギー、もしくは血管運動性鼻炎といわれてしまう可能性もあるということです。



スポンサーリンク


どんな人がなりやすいのか?

寒暖差アレルギーにはどんな人がなりやすいのでしょうか。

寒暖差アレルギーになるのは、女性が多いと大谷先生はおっしゃいました。

  • 40代前後の女性
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 食生活が乱れている

女性は筋力が少ないので、寒暖差に弱いというデータもあるそうです。 



スポンサーリンク


寒暖差アレルギー対策

寒暖差アレルギーに効果がある対策を紹介します。

     

  • マスクで鼻に入る冷気を遮断する
  • 常に体温調節できるようにマフラーやネックウォーマー、上着を用意する
  • はちみつ入りコーヒーを飲む

コーヒーのカフェインには、気管支拡張作用があります。1日3杯コーヒーを飲むことで、喘息を28%予防することができることがイタリアの実験で報告されました。

さらに、抗炎症作用のあるはちみつを入れることで、喉の炎症をとってくれます。砂糖を入れる代わりにはちみつをで入れてコーヒーを飲みましょう。

コーヒーが飲めない人は、ブロッコリースプラウトがおススメ。

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンに気管支拡張作用があるといわれています。



スポンサーリンク


-健康

Copyright© シリタイナ , 2017 AllRights Reserved.